息子との会話

‪息子との会話。英検を通じて,大切な事を教えています。不満を打つけたり嫌味を言っても,人は何一つ変わりません。彼の理解速度に合わせて足並みを揃えられるよう心掛けています。私自身が不器用なだけに,息子が私よりも優れた人間になれるよう今後とも鍛え支えます。主観的な発言は我慢が肝要です!‬

国語の学力も偏差値15アップとか

直近の学力アップ推移として,小学5年生のお客様では希学園で偏差値50前半から偏差値60前半へ(ここ半年で偏差値10程度アップ)。中学2年生のお客様では公立中学校で偏差値44から偏差値59へ(ここ4ヶ月で偏差値15アップ)。読解力をつけるには「読む」よりも「書く」が最も早い!,ってことです(笑)

根底にある程度の読解力が備わっている人達は「読む」で十分,事足りるでしょう。しかしそれが存在しない人達にとってはそう易々といきません。専ら「書く」ということで新しい根底を築くことに繋がり,その中で「読む」ということが同時に行われます。何でもかんでも読めば良い,と思ったら大間違い!

「書く」ということを継続する中で,様々な変化が起きてきます。当初,書くことに面倒臭さを感じていたものの最近では,知らないこと(漢字や意味など)への歯痒さを感じ,「調べる」ということをします。それも自然に!,さらに捉え方に偏りがなくなって,視点を変えた捉え方ができるようになります。

宿題帳で学力アップ

宿題帳には子供達が学力を伸ばすための様々な情報を明記しています。言うなれば「宝物」です。日々の課題に対応したり,試験対策でも提出課題を優先的に仕上げやすくしたり,あるいは進捗状況の把握や残された時間と費やした時間を算定したり,使い勝手はいろいろ。散らかった頭の整理整頓は大切です!

副産物的な効果として,時間と労力の節約に繋がり,時間を有効に活用できたり,そんな旨味が存在します。少しずつストレスを抱え,そして解消しながらスキルアップを実現する!,ということ。まるで仕事のようですが,子供達にとって勉強は仕事のようなもの。戦略を立て戦術を注ぎ計画的に実行します。

中学受験生が宝物を発掘する

中学受験生への理科対応。特に学習塾のフォローアップでは人のヤリたがらないことを率先して行います。一見,無駄だと思うことの中身は実際,ダイヤモンドの輝きを持っていたりします。基本的には『発掘』です。探すために読み,書くために考え,覚えるために残す。取り零してきた学識を復活させます。

様々なテスト実施後が肝になります。点数を見て一喜一憂しちゃうとダメ。ナゼ間違えたのか,を考え,質問と回答が一致するための自分に足りない知識を一行書きで要約しノートに書き留める。この作業を間違えた問題全てに適用し,適用後はひたすら覚えながら時折,確認する。気付けば苦手ノートの完成。

苦手ノートが完成しても活用しなくちゃ何の意味も成しません。歯ブラシと歯磨き粉を買っても,磨かなきゃ〜虫歯を食い止めるには及びません。ひたすら磨いて磨いて磨きまくって,苦手ノートを記憶します。頭と歯は毎日,磨いて丁度イイ。気付いた時には自分の望むべきポジションに立っているはずです。

中学受験生が読解力を身に付ける

中学受験生における読解力のつけ方。賛否両論はあるが受験塾家庭教師的に結果を出している方法がある。それは「書く」ということ。「読む」よりも「書く」という方が,伸びやすく落ち難い,という結果を得ている。その手法は至って単純なものだ。先ずは原稿用紙100枚と筆記用具を準備してもらいたい。

そして原稿用紙を100字ずつのブロックに分けて,毎日書く,ということを続けるだけ。何があっても言い訳せずに書き続ける。慣れてきたら200字,300字,というふうに増やしていく。それでも習慣を変えちゃダメ。テーマは自由!,何だって良い。添削者は可笑しな部分を訂正しながら必ず◯をつけてやる。

「毎日書く」という習慣を継続しながら「漢字」の練習も行う。ノートは104文字帳で,問題集や過去問を活用し,本文を読む。本人ベースで分からない漢字を抽出し,とにかく一行練習する。意味不明な言葉はスグその場で意味を調べる。特に書き留める必要はない。これで言葉や漢字の苦手が自然解消する。

‪自由研究やら歴史上の人物やら‬

夏休みも終わりが見えてくる中,公私に関わらず,様々な「仕上げ」がやってくる。基本的にはギリギリまで様子見。場合によっては魔法を使って,徹夜で◯◯げる。お客様からは良い雰囲気の風が吹き,我が家からはパパらしい対応に安堵感が舞う。とてつもなく重宝されていることを感じる8月下旬なのだ。

2019運動会

ようやく運動会が終わりました。11年もの間,本当にありがとうございます。梅雨前とは言え,既に日差しは猛暑並み。本日,夕方夜は普段通りのお仕事。色焼け必須でお伺いさせて頂きます。また深夜にはご新規お客様のご提案書を作成。月曜日にご提出させて頂く予定ではございますが早速,練ってみます!

がんばれ小学生!

小学校2,3年生への対応には元気パワー全開です。笑顔と真剣が上手い具合に混ざりながら日々逞しく成長しております。キチンと宿題をする!,という当たり前。それ故に伸びる学力。続けることで無意識にご褒美を受け取っており,それに気付いた時には静かに,やってて良かった!,と実感するようです。

ピックアップ毎日ブログ「小学生・幼稚園児の為に」

兵庫県の私立中学

日能研,浜学園,希学園,に通うお客様のフォローアップ

低学年から灘甲陽白陵を目標

白陵中学への合格を目標

合格率20%でも岡山白陵中学校の合格を捥ぎ取る

「小学生のみんな☆お医者さんになろう!!」

残された10週間程度を最大限有効に使って合格を掴む。

中学入試まで後3ヶ月と3週間だッ

小学5年生が卒業までの残り15ヶ月で果敢に挑戦ッ

中学受験対策m( _ _ )mありがとうございます!

中学受験で合格してから入学するまでの2ヶ月間

日本の歴史を大人買い

小学受験対策の幼稚園児さんで使える教材

小学校1年生から家庭教師を開始するタイミング

小学生低学年と幼稚園児の皆さんへ「本を読もう!!」

小学生・諸君!!本を読み、文を書け、

子供達にとって、「漢字を書く」ということ

漢検対策のワンポイント

何かに没頭し継続させる力を培うこと

大きくなる前に、自己解決能力を養おう!!

幼稚園児や小学生1、2年生から出来ること

子供とお風呂に入る時、入った後、、、

こどもの学習

幼稚園児と小学生!!算数パズル=おもしろい。

日能研,浜学園,希学園,に通うお客様のフォローアップ

中学受験の学習塾(日能研,浜学園,希学園,その他)に通われるお客様からフォローアップのご依頼を数多く頂戴します。昨今では,あまりにお問い合わせが多いので極力,対応させて頂くように心掛けている。中高一貫への進学だからこそ,合格後の引き続きご対応を想定されておられるお客様が多いです。

基本的に解けない問題や理解していない考え方に対応し,底力を磨きます。学習塾フォローアップでは次の3つのプランをご準備致しております。[1]週3時間指導(算数60分・国語60分・理科60分)[2]週2時間30分指導(算数50分・国語50分・理科50分)[3]週2時間指導(算数40分・国語40分・理科40分)

学習塾フォローアップ【料金】『0円のこだわり』も効果抜群!,さらに毎月定額!,熱血プロ家庭教師がご対応!,[1]週3時間指導(算数60分・国語60分・理科60分)¥63,180。[2]週2時間30分指導(算数50分・国語50分・理科50分)¥52,650。[3]週2時間指導(算数40分・国語40分・理科40分)¥42,120。