自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(11)

2017年5月31日から2019年2月16日現在までの取り組みとして...

数学3

2019年1月一発目からスタートして,放物線,楕円,双曲線,分数関数,無理関数,合成関数,逆関数,媒介変数表示,サイクロイド,数列の極限,無限級数,関数の極限,三角関数の極限,連続不連続,という順序で取捨選択しながら2ヶ月で一先ずここまで終了。数3の学習においては,いきなり標準や応用ではなく,基本的なことから積み上げる,ということが肝要です。そこで先の見通しとして,「3月いっぱいで数3を仕上げる!」ではあるものの「文系」から「理系」への転換は試練でしかありません。猪突猛進あるのみ!,今後も頑張ってまいります。2月下旬には微分,3月初旬には積分,というように進めることが出来そうです。

100点満点って何度とってもヤッパリ嬉しい。

100点満点って何度とってもヤッパリ嬉しい。嬉しくないワケないやん!,ましてや数学Bの群数列とか,公比を利用した総和からの一般項とか,漸化式とか,難しい内容を伴う過程。フツフツとヤルべき事として気持ちが前のめりになってます。「明日テストあるから!」という危機感を大切に今後生かします。

100点満点って良い思い出

100点満点って誰でもヤッパリ嬉しい。卒業生いわく「あ!,あの時の100点や?!」,とニンマリすることがあるようだ。意外と良い点とった時よりも,悪い点とった時の方が覚えているようで,こういう事って気付いた時に残しておかないと消えちゃう。今後とも皆のために,末長く残しておくようにしますww

医師になりたい,をちゃんとスタート

先日はお気遣い賜り誠に恐れ入ります。
お陰様で心に染み入りました。本当にありがとうございます。

「和田先生にご指導頂いたから」
>誠に勿体無いお言葉を賜り恐れ入ります。しかしながら当方は,親御様の手厚い支えとお嬢様の頑張りによるもの,と理解しております。私はお仕事をさせて頂ける喜びに浸り,脇目も振らず猪突猛進なだけでございます。

数学1については実数部分を洗い,現時点では論証(集合)に突入しておりますので,復習らしい復習といえば,分からない問題を処理することに留め,確認を行うべきは時間に余裕があるとき,という位置付けの心積りで,お時間を大切に取り扱わせて頂いております。数学3については微分積分の基本的な計算(数学2での定理暗記を含む)を一様に仕上げ,不十分を承知のうえで,4stepのB問題にチャレンジしております。またこれら数学の進行に伴って,化学基礎化学の要約暗記,英語の即ゼミ和訳英作,それぞれの施策を実行させて頂いております。

①「課題はいつ解いているのか???」
②「課題を適当にしていることがあれば」
>質問メッセージと付箋によりシグナルを付記しております。課題内容そのものにおいて,質問が出没しても可笑しくない中で,勉強していない,という状況を否定する見解が存在しません。よって,前向きに勉強している,と言えます。勿論,万一の場合には親心をもって叱咤激励申し上げますので,その点ではご心配はいりませんので何卒ご安心願います。

残された時間如何にしても,医師になりたい!,という志を追い求めてまいります。こちらこそ今後とも,どうぞ宜しくお願い申し上げます。

和田成博
受験塾家庭教師

受験塾家庭教師で大学を目指す自宅浪人生の勉強時間

(朝食と身支度30分)6:30-7:00
(勉強3時間)7:00-10:00
(小休止10分)10:00-10:10
(勉強3時間)10:10-13:10
(昼食40分)13:10-13:50
(勉強3時間)13:50-16:50
(小休止10分)16:50-17:00
(勉強3時間)17:00-20:00
(夕食と身支度90分)20:00-21:30
(勉強3時間)21:30-24:30

以上,勉強時間15時間,睡眠時間6時間,自由時間3時間,となります。週あたり105時間の勉強時間を確保することが出来るので,これを1年つまり52週間で換算した場合,5460時間の発掘に繋がります。これは学校から帰宅して自宅学習を行う現役生達の2倍ないしは2.5倍程度に相当します。1年の浪人で学校へ通う現役生の2年ないしは2年半程度もの体力を得て,それに伴った効果が発揮されます。

例えば,センター数学23カ年であらば,一通り行うのに46時間を要しますが,3週間で完了します。また1教科3時間とすれば5教科を毎日勉強することが出来ます。その中で,程良い休憩時間を挟み,窮屈な環境が適度に緩和されます。受験塾家庭教師は,1分,1問,1点,を大切に取り扱い,志望校となる大学を目指して,子供様が一生懸命に頑張れるような時間と環境と機会を創り出します。

希望への道に新サービス追加「受験コンサルタント」(仮)

(対応)
① 2018年12月20日
・60分無料体験指導
・60分無料進学相談
② 2018年12月21日から2019年1月14日までの対応
・親御様へのメッセージ送信7539文字(合理的対処済み)
・御子様へのメール送信413文字(但し重複内容を除く)
・2018年12月23日の電話対応2時間13分
・2018年12月31日から2019年1月1日にかけての電話対応289秒
③ 2019年01月15日から2019年01月31日までの対応
・親御様へのメッセージ送信1477文字(合理的対処済み)
・御子様へのメール送信80文字(但し重複内容を除く)
・電話対応

(効果)
①●●大学における一般入試において
・過去問500点中で素点50点アップ(得点率10%の向上)
・A日程4日程のうち最低でも1日程の合格最低点確保,
・過去問2018,2017,2016,2015,2014,2013の分析指導
・過去問2012,2011の分析指導
②●●大学における一般入試において
・合格最低点確保の維持
・過去問2018,2017,2016の分析指導
・過去問2015の分析指導
③●●大学
・過去問2018の分析指導
④●●大学
・調査のうえ志望校として提案
⑤出願提案
・一般入試A日程ないしは前期日程で留める。
・入試検定料を4日程までとする。
・浪人リスクを回避する。
・教師になれる(英語1種,※中学高校)志望校を提案する。

自宅浪人での大学受験対策

なぜ予備校なんですか?,なぜ映像授業なんですか?,,,受験塾家庭教師の扉を是非とも開いてみて下さい。私,和田成博はプロ家庭教師歴22年,受験塾家庭教師の創業16年,株式会社nawadan代表取締役社長6年,という経験を生かし,ちゃんと勉強させます!,ご満足できる浪人生活を共に過ごしましょう。

受験塾家庭教師『自宅浪人での大学受験対策』

【熱血プロ家庭教師が全力でサポート】

基本的には和田成博が全てのお客様に関わります。もし万一ご提案の段階で,対応力の及ばない状況や時間が足りない場合が発生した時は,チームメイトにも率先して力を借り,お客様の安全安心安定の維持に努めております。

和田成博という熱血プロ家庭教師
成田麻菜という熱血プロ家庭教師

【『3つの秘策』で100%の対応力】

希望への道
小論文+α
オンライン

学部を問わず,大学を問わず,状況を問わず,お客様のご事情に重ねた対応方法を一人一人に応じてコーディネートさせて頂いております。従いましてご相談やご提案そして調査には多少,時間を要しますが,やはりそこには感動と驚き,時には「涙」なんかがございます。

【勝負の日までの生活習慣】

(1)勉強時間15時間
(2)睡眠時間6時間
(3)自由時間3時間

ご覧頂いている通りの24時間。「無理は良いけど無茶はダメ」という格言のもと,人間らしい生活をキチンと送る中で,ど真剣に勉強して頂きます。予備校へ通うよりも遥かに効率的な学習習慣を身に付けることが出来るはずです。

【ご予約やお問い合わせ】

お電話 0120181663

お問い合わせフォーム

直接メール送信[ お名前・郵便番号・電話&メール ]を[office_nawadan@icloud.com ]へ送信するだけで完了。私,和田成博に直接繋がりますので,どうかお気軽にお願いします!

お礼メールに感謝!,きっと良い医師になるよww

和田先生
 
突然のメール申し訳ありません。
 
3年ほど前に和田先生の指導を受けていた生徒の弟で、●●●●(●●●●・●●●●)と申します。
 
2年ほど前に和田先生に自己中心的な相談メールを送ってしまい、ご迷惑をおかけしました。
 
このメールが和田先生に届いていなかったとしても、和田先生が僕のことを忘れていたとしても、
 
とにかく感謝を伝えたいと思ってメールを書いています。
 
 
そしてこのメールを読んでもらわなくても構いません。
 
本当に一方的な、感謝を伝えるだけのお礼メールです。
 
 
初めまして。ではありませんが、お久しぶりです。
 
少し初めに近況報告をさせてください。
 
 
まず僕は今年20歳になり、金沢大学の医学部の2回生として生活しています。
 
つまり現役で医学部に合格しました。
 
また、現在は学生の身ですが、免疫学の基礎研究室で研究手技を習いながら日々を過ごしています。
 
なかなか研究成果を出すことはできませんが、来年の三月に医学雑誌に寄稿することになりました。
 
 
さて、このメールを送ったのは、和田先生に感謝を述べたいと思ったからです。
 
 
僕は和田先生が僕の兄に指導している姿を見て、本当に重要なことを学びました。
 
それは、自分でひたすら考え抜く姿勢です。
 
基礎と知識を重視し、自分で目標を達成するまでの計画を逆算的に立てて、根気強く実行する姿勢です。
 
 
和田先生には、本当にパワーがあります。
 
そして、そのパワーは今まで和田先生がひたすら努力して、自分の力で道を切り開いてきたからこそでしょう。
 
 
自分の人生は自分で切り開くことができるということを、和田先生の姿を見て学ぶことができました。
 
本当にありがとうございます。
 
 
もし、僕の兄が和田先生の指導を受けることを選択していなかったら、
 
もし僕が土曜日に家に早く帰っていなかったら、
 
もし和田先生が僕に何も教えてくれなかったら、今の僕はありません。
 
本当にありがとうございます。
 
 
3年前、僕は未成年でしたが、今は20歳になりました。
 
もうすでに自分の行動の責任を、全て自分一人で担わなければならない存在です。
 
これから様々な困難が待っていると思いますが、30歳までの10年間はひたすらに、必死に生きていこうと思います。
 
 
本当にありがとうございます。
 
和田先生のご活躍とご健勝を祈っています。
 
 
一方的なメールをしてしまい、申し訳ありませんでした。
 
ただ感謝を、20歳になった今年中に伝えたかったのです。
 
それではよいお年をお迎えください。
 
 
●●●●
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
↑↑↑こんなお手紙をもらって何も贈らないワケにはいかへんやん!,ってことで早速,合格祝いを贈らせて頂きました。絶対に美味いヤツです。

医学部医学科への道。まずは原稿用紙100枚で小論対策

原稿用紙100枚目指して小論対策を継続中。この時期にして後残すところ20枚。インプット作業に磨きを掛けながら,文章表現能力の育成に注力。仕上がっていないテーマもありますが,優しい目で背中を押し続けています。毎日のコツコツが『合格』を掴む必要条件です。正直に向き合って頂ければ幸いです。

自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(只今・進行中)

『どうしてもお医者さんになりたい!』2017年5月10日から開始。リミットは3年後,週①回の学習指導,深夜のアルバイト,親御様の支えと愛情,卒業時点で「文系」,という状況。残された時間と培ってきた経験そしてテクニックを生かし,合格へ導く気持ちでいっぱいだ。この覚悟に応えなくてどうする?!

自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(1)
自宅浪人ぜゼロから目指す医学部医学科(2)
自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(3)
自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(4)
自宅浪人ぜゼロから目指す医学部医学科(5)
自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(6)
自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(7)
自宅浪人ぜゼロから目指す医学部医学科(8)
自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(9)
自宅浪人でゼロから目指す医学部医学科(10)

(只今・進行中)