日本学生支援機構から借りることもまた仕事。一石二鳥

我が子名義の銀行口座です。先日,奨学金が日本学生支援機構から入金されました。勿論ですが1円たりとも手をつけず,先ずは4年後に一括で返済する予定です。親として我が子のお金にまつわる「社会的信用」という実績を積み上げてやろうと企んでいます。せっかくですから自分の経験を我が子に伝授します。

借りる必要もないものを借りる。借りておかないとお客様の目線に立つことができないからです。時にお客様も日本学生支援機構でお世話になることがあります。どんな段取りを経るのか,いつのどのタイミングで入金されるのか,ということを実際に体験しておかないと前もってお客様へアドバイスできません。

生の情報を手に入れたいため,こういうことは我が子を通して経験するようにしています。「苦労は勝手でもしろ!」ということを忠実に行った結果,多くのお客様の安心安全に繋がることを知っています。私個人的に,特技は借金で趣味が返済だったりします。分割払い最高です!,うまく生きたもん勝ちっす。

検定料0円。英検対策や漢検対策や数検対策やTOEIC対策など

英検や漢検といった検定料を弊社が負担します。

その方法は簡単です!

① お客様にて申し込みし,その申し込み先に検定料を払います。

② お支払い完了後の領収書などの画像を弊社スタッフへLINEかメールかメッセージでお送りください。

③ 翌月の基本料金で②相当額をお値引きさせて頂きます。

勝手に管理栄養士になるんやったら,なりなはれ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 私立大学 】
神戸松蔭大学人間科学部食物栄養学科
https://www.shoin.ac.jp/
〒657-0015
兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1丁目2-1

◾️ 一般入試(前期日程A)
   以下から2科目選択
    ・英語[コミュ英123,論表123)]
    ・国語[現代の国語,言語文化(古文漢文を除く)]
    ・数学[1A]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 国公立大学 】
兵庫県立大学環境人間学部食環境栄養課程
https://www.u-hyogo.ac.jp/
〒670-0092
兵庫県姫路市新在家本町1丁目1-12

◾️ 学校推薦型選抜
① 調査書の全体学習成績の状況が3.5以上の者
あるいは
② 調査書の全体の学習成績の状況が3.0以上であり,かつ理科(生物または化学を履修していること)の教科について学習成績の状況が4.0以上の者
<試験>
出願(調査書・推薦書・志望理由書)
小論文(英語による出題を含む)
面接
英検などの資格取得については10月31日時点で証明書が手元にある状況を作らなければならない。

◾️一般選抜(前期日程のみ) 
・共通テスト 
  国語100英語200数学1A100数学2B100化学基礎50生物基礎50現代社会100
   計700
・個別試験
  総合問題(英語,数学1A,国語に関する分野)300
   計300
     合計1000
<最低点 平均点 最高点>
 2024 共通:最低669.4 平均696.4 最高782.8
     個別:最低66.9 平均69.6 最高78.3
 2023 共通:最低609.7 平均643.6 最高693.8
     個別:最低61.0 平均64.4 最高69.4
 2022 共通:最低584.5 平均625.7 最高736.7
     個別:最低58.5 平均62.6 最高73.7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これなら白陵での学校生活を楽しめますよ!

上記の通り
① 週あたりの勉強時間として33時間
② 予備時間(勉強時間として充てられる時間)として10時間
それぞれ算出できました。

そこで
「2024年5月1日から2024年5月16日まで(一例)」の勉強時間を想定致しますと,
① 勉強時間として75時間
② 予備時間として20時間
これらを中間考査に全振り致しますと95時間ございます。

中間考査で実施される科目数にもよりますが,ご家族との団欒を減らすことなく,週末の自由時間も減らすことなく,学力向上のための時間を担保したうえで,部活動に制限をかけずに日々の生活を過ごすことが可能です。

この度ご提出させて頂いておりますご提案内容の通りご対応も勿論のこと可能ではございますが,これまでの生活習慣(よくわかんない自分に甘い気持ち等)を改めて頂くことで,現状のリスクから回避されるものと推察します。

六甲アイランドにお住まいのお客様。5年という月日を経て

六甲アイランドでもポートアイランドでも

誠にありがとうございます!,たった一瞬の出会いが大きく人生をかえました。場所が六甲アイランドであっただけに無理もありません。中学校2年生からご対応させて頂き,晴れて大学生になれました。『自分が大学生になれるなんて!』『うちの娘がここまで成長できたんも先生のおかげです』というお言葉。

正直,アッ!という間でした。あの時の玄関先でのお言葉,今も決して忘れていません。『先生!,もう先生にお願いするしかないんです。宜しくお願いしますm(_ _)m全てのスケジュールを先生に合わせます』有り難いお言葉でした。間髪入れないご決断に親御様の我が子に対する愛情をふつふつと感じました。

幸いにして,我が子が通う大学(※画像のような大学)と同じ大学へ通われるので,2,3年後には間違いなく英語に対する意識は変化し,「読める書ける話せる」というスキルが身についているはずです。どうか楽しみにしておいてください!,『私,娘と一緒に海外旅行へ行くんが夢やってん!』という奥様の夢が叶いそうですね(笑)

奨学金2024年。この第四区分ってマジなん?!

例えばこの春,“あなた”は私立大学へ進学し自宅通学となりました。そこで“あなた”とお父さんとお母さんと弟1人妹1人の「家族5人」という構成としましょう。お父さんが正社員で給与年収 ¥6,980,000(手取り的には75%掛けぐらいだとして ¥5,235,000),お母さんがパートで給与収入100万円だとします。

ここから「第Ⅳ区分」に該当することがわかります。 そこで“あなた”が「給付奨学生」として採用されているならば・・・

① 年額 ¥115,200 が給付されます。
② 入学金減免 ¥65,000 が受けられます。
③ 授業料減免 年額 ¥175,000 が受けられます。
④ 月額 ¥29,800(年額 ¥357,600)相当の貸与が受けられます。

(高校生への皆さんへ)https://www.jasso.go.jp/shogakukin/about/kyufu/__icsFiles/afieldfile/2024/03/21/r6_yoyaku_leaflet.pdf

(大学生への皆さんへ)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/about/kyufu/__icsFiles/afieldfile/2024/03/21/r6_zaigaku_leaflet.pdf

【収入基準】

【給付】

【授業料等の減免】

【貸与】

我が子が入学する大学でオーケストラの生演奏

2024年4月に我が子も晴れて第一志望とする大学へ入学することができました。

基本的には受験塾家庭教師のスタッフ皆様による支えがあり,今があることは間違いありません。

私としても「プロ家庭教師」というお仕事を始め,もう27年が経とうとしておりますが,こちらの大学の入学式にはとても驚きました。

大学の入学式で関西フィルハーモニー管弦楽団により単に生演奏されるというだけでなく,学生一人一人の入場に合わせた演奏,そして式典中は場面に応じて演奏されておられました。

入学式だけでなく,学生一人あたりの教授の多さもそうですが,何から何までスケールが大き過ぎます(レベチなやつ)。

世の中に蔓延するような,しょうもない偏差値,くだらないランキング,をぶっ潰そうとして行動できるわけです!,とても共感できます。

情報1。1章「情報の問題を解決する」

P.6からP.32まで

情報
 世の中の出来事や致死位を伝えるための「知らせ」のこと
 適切な判断をするために役立つ。
 受け手にとって意味や価値を持ち,何らかの影響を与える。

情報の特性
 形がないので複製されて短い時間で広い範囲に容易に伝わる。
 伝えても元のところに残る。

メディア
 情報を伝達する仲介役となるものである。
 表現メディア,伝達メディア,記録メディア

表現メディア
 情報の表現手段として使われる。
 画像,文字,音声,動画

伝達メディア
 情報の伝達や通信の仲立ちとして使われる。
 書籍,雑誌,手紙,電話,テレビ

記録メディア
 情報の記録や蓄積に使われる。
 手帳,メモ帳,USBメモリ,DVD,クラウドストレージ

メディアリテラシー
 メディアを介して得られた情報を的確に読み解き,利用する力
 全ての情報は意図をもって構成されているため

問題
 現実と理想のギャップのこと

問題解決のプロセス
 問題の発見
 問題の定義・解決の方向性の決定
 解決方法の提案・計画の立案
 結果の予測・計画の実行
 振り返り

問題解決
 情報技術を活用することが有効である。
 効率よく情報を収集
 データの分析を行ったりする。

問題の発見
 問題(現実と理想のギャップ)を把握する。

問題の定義・解決の方向性の決定
 情報を収集し分析する。
 問題を明確化する。
 問題解決のゴールを考える。

解決方法の提案・計画の立案
 得られた情報から解決方法を考える。
 実行の計画を立てる。

結果の予測・計画の実行
 情報技術を活用し計画を実行する。
 解決方法によって効率や結果が変わる場合がある。

振り返り
 自分で振り返って改善する。
 他者に評価してもらって改善する。

発想法
 考えを膨らませる。
 考えを絵や図で表現する。
 広げた考えをまとめる。

考えを膨らませる。
 思いついたことをどんどん言ったり聞いたりすること

考えを絵や図で表現する。
 直感的な発想を広げたり,考えを明確にする。
 (言葉だけでなく)

広げた考えをまとめる。
 類似した情報をまとめたり,異なる内容を分ける。
 箇条書きやマップの形にする。

ブレーンストーミング
 集団で多くのアイディアを出すための手法
 参加者が4つのルールを守る。
 自由な雰囲気の中で活発に意見を出し合う。
 新しい発見やアイディアが生まれる。

ブレーンストーミングの4つのルール
 質より量を重視する。
 批判をしない。
 自由に発想し,自由に発信する。
 他人の意見に便乗し,発展させる。 

KJ法
 さまざまな考えを分類・統合し,新しい発想を生み出すための方法
 1枚のカードに考えを1つずつ書く。
 同じような内容のカードをまとめてグループにする。
 その後,それぞれのグループに名前をつける。
 関係を整理して視覚化する。
 文章化してまとめる。

マインドマップ
 イギリスの教育者トニー・ブザンによって開発
 中心となるテーマを横長の紙の中央に描く。
 枝を伸ばしていくようにイメージを膨らませる。
 発想を広げつつ整理していく。
 たくさんの色を使って言葉や絵をつなぐ。
 全体にまんべんなく広げる。

情報モラル
 情報社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度

ホワイトハッカー
 サイバー攻撃を防ぐため高度なIT技術を活用する人

フィルタリング
 保護者が設定する。
 青少年がインターネットを利用する場合にはルールを作る必要がある。
 特定の条件によりアクセスを制限する。
 アダルトサイトや危険なサイトなど

情報社会の安全を守る法律
 不正アクセス行為の禁止等に関する法律
 個人情報の保護に関する法律
 特定商取引に関する法律
 青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律 

ながら使用
 自分や他人の今後の人生を奪う結果となっている。

個人情報
 個人が特定できてしまう情報のことである。

ジオタグ
 位置情報
 GPSによる位置情報を記録して写真などに付加する機能がある。
 スマートフォンやデジタルカメラなど

フィッシング
 偽サイトで情報を騙しとられる。

不正アクセス
 パスワードを見破られて不正利用される。

ソーシャルエンジニアリング
 人の心理的な隙や行動のミスにつけ込んで他人のパスワードなどを取得する。
 
ネットいじめ
 文字だけで交流する場所
 表現不足や勘違いなどによって言い争いが起きる。
 プライバシーの暴露なども起こりやすい。
 気持ちの行き違いからいじめが発生する。

炎上
 多くの人が一斉に批判的な反応をすること
 発言に反応しないことが良い解決策だとされている。

知的財産権
 「創った人の権利」のこと
 著作物や発明などに関わる産業財産権などから成り立っている。

著作権
 人が創作した作品と作者を守るための権利である。
 著作物に関して著作者が持つものである。
 特別な届け出をしなくてもいい。
 作品を生み出した時点で自動的に権利が発生する。
 著作人格権と著作権(財産権)から成り立つ。
 著作物を財産として考える権利
 口述権(24条),自分の作品の朗読や読み聞かせを制限できる。
 公衆送信権(23条),著作物を無断で公衆に送信することを制限する。
 その一部または全部を譲渡したり相続したりできる。
 
著作人格権
 著作者の意思に反して勝手に作品を変更されたり,
 一部分だけを抜き出されたりすることで,
 著作者が精神的に傷つけられないように保護するための権利
 氏名表示権(19条),自分の名前を出すかどうか決められる。
 同一性保持権(20条),内容を勝手に変えられないことを保護する。
 著作者だけが持つ権利である。

著作物
 思想または感情を創作的に表現したもの
 小説,音楽,舞踊,建築物,地図,映画,写真,プログラムなど

著作権法
 著作権を定めた法律

著作権法に触れる行為をした場合
 民事では損害賠償を請求される。
 刑事では10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられる。
 法人などの場合は3億円以下の罰金が科せられる。

VR
 バーチャルリアリティ(仮想現実)
 仮想的な空間で現実と錯覚するような試聴や体験をすること

AR
 拡張現実
 人が知覚する現実の環境をコンピュータにより拡張する技術

キャッシュレス社会
 日本のキャッシュレス決済率はまだ低い。
 デビットカードやスマートフォンアプリが決済方法が一般的
 韓国やイギリスなど

電子マネー
 貨幣価値をデジタルデータで表現したもの
 クレジットカードや現金の代わりに買い物に使われる。
 インターネットを利用した電子商取引の決済手段
 IC型(ICチップに金額のデータを記録するもの)
 ネットワーク型(インターネット上で金銭情報を管理など)

セルフレジ
 商品のバーコードの読み取りや精算を客が行う。
 レジの混雑解消や人手不足対策となる。

AI
 人工知能
 人間の知的な活動をコンピュータで実現する技術
 自動翻訳,音声認識,音声合成,顔認識など
 同じ動きを繰り返す単純作業
 大量の情報を処理する事務作業

MOOCs
 インターネットを通じて高等教育機関の講座を受講できるサービス
 世界各国

VDT障害
 肩凝りや視力の低下などを引き起こすことがある。
 情報機器を用いた長時間の作業などが影響

テクノストレス
 不安感,社会生活への不適応など
 コンピュータでの作業に伴う。

ネット依存
 インターネットに長時間接続してSNSの閲覧や動画の視聴など
 ネットワークを利用したゲームに長時間費やす。

eスポーツ
 ゲームを用いた競技
 依存など心身に及ぼす影響が問題視される。
 仲間作りに役立つ。

サイバー犯罪
 国家機関や金融機関の情報システムに侵入して情報を書き換える。
 ネットオークションで代金をだまし取る。
 他人のユーザIDとパスワードを無断で使用する。
電子政府
 日本ではe-Taxで税金の申告と納税が行える。
 エストニアでは行政サービスのほぼ全てを行える。

緊急地震速報
 地震の発生直後に震源の近くの地震計で捉えたデータを分析
 各地での強い揺れや到着時刻を可能な限り素早く知らせる。
 2007年に運用が開始された。

デジタルデバイド
 コンピュータや情報通信ネットワーク
 活用できる人と活用できない人との間
 得られる情報の質・量の発言の機会に格差が生じる。

デジタルデバイドの解消
 安価なコンピュータを開発途上国の小学生に配布する。

知的財産権
 著作権に似たものに産業財産権がある。

産業財産権
 特許権,実用新案権,意匠権,商標権

特許権
 発明した技術や製品などに関する権利
 出願した日から20年間は技術を独占する権利がある。

実用新案権
 物品の形状や構造などのアイディアに関する権利
 出願した日から10年間は独占する権利がある。

意匠権
 物品の美術的な形状や色彩といったデザインに関する権利
 出願した日から25年間は独占する権利がある。

商標権
 名称や図案に関する権利
 商品やサービスに使用するマークや企業名など
 ロゴマーク,キャラクター,商品名など
 認可から10年間独占権がある。
 期限ごとに申請して認可されれば半永久的に権利を保持できる。

著作権の例外規定
 私的使用のための複製
 図書館における複製
 引用
 教科書図書等への掲載
 学校その他の教育機関における複製等
 営利を目的としない上演等

クリエイティブ・コモンズ
 著作者が自ら利用の条件や制限を意思表示する。
 社会の創造活動を支援しようというアイディア

インターネットと選挙
 2013年に選挙運動にインターネットの利用が解禁(日本)

フェイクニュース
 社会に影響を及ぼす真偽の定かではない情報

ファクトチェック
 フェイクニュース対策の一つ
 情報の真偽を検証する。
 事実ではない場合は「誤報」
 正確性に欠ける場合は「ミスリード」

lot
 インターネットやセンサの技術の進化に伴う。
 身の回りのさまざまなものがインターネットにつながる。
 互いにデータをやりとりして世界を構成していくという考え方。
 
ディープラーニング
 深層学習
 人工知能(AI)の急速な進歩
 大量のデータから自動的に規制性や関連性を見つける。
 学習を続け,私達の問いかけに最適な反応を選び出す。
 選び出した理由を説明する機能を人工知能は持っていない。