プロ家庭教師の熊橋実里,いつも本気!,反省と精進。

 先日、ご連絡をいただいたお客様のところへ学習相談と体験授業をしに行かせていただく機会がありました。結果は、良いお返事を頂くことはできませんでした。様々な要因があったかもしれませんが、私のさせていただいた授業が体験のお客様にとって良いと感じるものではなかったことも一因でした。お返事を伺ったときはショックでしたし、決して適当にやったわけではない分、「あれがダメだったのか」というようなものもすぐには思いつきませんでした。ですが、この経験が、改めて体験授業の難しさを知り、自分の今の授業について見つめ直す良い機会を私に与えてくれました。今回はその経験と、それを踏まえて今後どのような授業を目指して行くべきかについて書かせていただきたいと思います。

 今回のお客様の体験授業では、数学をさせていただきました。学校のワークを使って問題を解いていくという進め方でした。常日頃から心がけていることと同じように、もしその単元以外のことで分からないことが出てきたら、サラッと教えるのではなくしっかりと復習をする。解き方を教えて確認した後は、類題を作ってそれを解いてもらう。そうしたことを心がけて授業をさせていただきました。結果としては、授業は今一つ盛り上がらず、解ける問題が増えていっても私とお客様の間で「解けるようになった!」という大きな喜びも共有されなかったように感じます。

 再びこういった状況に陥ってしまうことのないように、また、現在担当させていただいている生徒様の授業をより良くできるように、改善策を考えました。まず一つ目は、「生徒様のことを知ること」です。これは勉強面でもそれ以外の面においても言えることです。特に勉強面においてですが、先に述べたように今回私は学校のワークを初めから解いていくような授業をして、最初に苦手なところや分からないことを尋ねませんでした。ワークを解いていく中でどこが分からないのかを把握しようとしたのですが、それでは私だけが分かっている状態になってしまうことに気づきました。生徒様は自分の分からないところに気がつけないまま、進んでしまっていました。あらゆることにおいて、言語化することは自分の頭を整理することにつながります。私もこの学習指導プロセスを、「どうすればよかったんだろう」「次はどうしたらいいんだろう」というモヤモヤが解消できれば、という気持ちで書いています。家庭教師の学校や集団塾との違いの一つは「自分の分からないところまで立ち返ることができる」ということだと考えます。その家庭教師の授業の長所を全く活かせていない授業をしてしまったと思います。分からないところが明確に自分で説明できればそこを集中してできるようになれば良いです。どこが分からないのかもあまり分かっていなければ、分かることと分からないところの境界を見つけるためにはじめから順番にやっていくことができます。今後は、生徒様の分からないポイントを一緒に見つけて、それを分かるようにしていくということを徹底した授業を進めてまいりたいと思います。

 二つ目は、楽しい授業をするということです。それだけだとかなり抽象的なので、具体的に書かせていただきます。「勉強=楽しくないもの」というイメージを抱いているでしょうし、私も学生の頃は自分が分かることは楽しいけど分からないことは楽しくないと思っていました。「何でも最初から分かるわけがないし、分からなくて楽しくないなら分かるまでやれ!」と自分自身に向かってなら言いますが、「分かるから楽しい」に到達するまでの楽しくない期間を、いかに楽しくできるかが私がすべきことだと思いました。実際、最終的には自分が努力して覚えるしかない英単語でも、私たちが普段話しているなかで使っている英単語の意味を教えると、生徒様は「ああ!確かに!」という反応をします。例えば、最近たくさんの種類がある、携帯電話でお金を払うことができる「~ペイ」の「pay」は「お金を払う」という意味なんだということを教えると、生徒様は「ああ~!そういう意味だったのか!」という反応をしてくれます。そして意味も一発で覚えられます。そういう楽しさを提供することを大切にしていきたいと思います。

 三つ目は、生徒様の小さな成功体験を積み重ねていくことです。誰でも、できないことがあると悲しいし、悔しい気持ちになります。イライラすることもあります。自分の現状を自覚するということはもちろん必要なことですが、それは然るべきタイミングでするべきことなのかもしれない、と思いました。まずはできることを増やすことが大切で、そうすることによってもっとできるようになりたいという気持ちが強くなっていくと思います。もちろん、自分がまだまだだということを自覚することによってその現状を脱却するために頑張れる人もいるので、一概には言えません。今回私は、あまりにもお客様が自分の力でやることに意味があるという考えになってしまっていました。その根底には、説明するだけの授業は面白くなくて、自発的に考えることが重要だという考えがありました。その考えが間違っていたというわけではないと思いますし、説明ばかりの授業だとそれを聞いて分かった気になって、いざ問題を解こうとすると全然解けないという事態になりかねません。ですが、とにかく問題を解き進めて、間違えたらそれをできるようにしていくという授業の進め方は、このときは順番が逆だったのだと振り返っています。この進め方では「解けなかった」という印象が強く残ってしまいます。まずは一緒にできるようになってから、自分一人で問題に挑戦する、という順序の方が、「できた!」という印象が残るのではないではないか、そう考えました。先にも述べたように、自分の現状を理解することももちろん必要なことではありますが、体験授業では「できる」という成功体験を少しでも多く積み重ね、「自分にはできる」、「分かるって楽しいんだ、嬉しいんだ」という気持ちを持っていただくことが大切だと気づきました。お客様の思考をポジティブに変えることが体験授業における私のすべきことであると思います。

 以上が、私が今回の経験を踏まえてどのようにしていくべきかを考えたことです。もちろん正解は一つではないですし、お客様一人一人にとってそれぞれの最善策があります。ですが、基本としてこうしたことを心掛けて、誰にでもできるようなものではなく、私にしかできない授業を展開していきたいと考えております。

熊橋 実里

兵庫県公立高校の推薦入試で絶対に必要

小論文+α
http://www.jyukenjyuku.jp/syouronbun.html

(1)志望理由 

貴校には夢と希望の実現に繋がる環境が存在するからです。特に姉の影響は大きく,小学校から持ち続けていた夢と希望を実現する一歩を踏み出すことが出来ました。私は将来,情報工学の分野で活躍したい,と考えております。そのためにはアドバンストクラスへ進み,勉学に励む必要があります。中学校生活での反省を生かし,充実した高校生活を過ごしたいので志願させて頂きました。

(2)高校で何を学びたいか

アドバンストクラスへ入る前提で,学びたいことは3つございます。1つ目は「産業社会と人間」 「WILL」「課題研究」という世の中で生き抜くために必要なことを学びたいです。2つ目は神戸大学または関西学院大学に向け,苦手とする科目や正答率が低い科目を最優先に,勉強したいです。3つ目は様々な目標を持つ多くの仲間達と共に,部活動や日常生活の中で切磋琢磨し,信頼信用を育みたいです。 

合格おめでとう!,推薦入試

息子よ!,おまえの親父が本格的に勉強を始めたんは高校に入ってからや。家が貧しかったから高校に学費を免除させるため必死でやったわ。その勢いがもう27年続いてる。学歴で勝負できるんは大学卒業後,数年程度。後は「力」だけで生き抜く必要がある。「力を育むためのキッカケ」を高校で学んでこい!

「ゲームを作って世界に発信したいから,大学を経て任天堂に就職したい!」という夢と希望を叶えるために,おまえの親父はおまえを懸命に支えるつもりや。だからと言って絶対にそれを実現させなアカンってことはないねん。その努力は決して無駄にはならへん。選択肢を増やす良い担保として機能するわ。

人間力は70%を超える程度の評価が得られるとええなぁ〜。基本として,学力33%,教養33%,人格33%,というふうに考える。そして残り1%はこれを満たすための努力の継続意欲として取り扱えばええねん。例えば,学力が飛び抜けててもアカンし,教養や人格が突出しててもアカン。大切なのはバランスやねん。

高校受験対策で「教材費0円」は光ってる。

15カ年分ありますが1カ年分重なってるので,実質的には14カ年分の過去問を集め,お客様の元へお届けさせて頂きました。「手配から納品まで」を受験塾家庭教師が全て行うだけでなく「費用負担も全額」で行っております。物足りなさなんて感じさせません!,どんどん供給してどんどん学力を伸ばします。

兵庫県公立高校受験生。本日より推薦入試の願書受付開始

今年は例年以上に増して,推薦入試出願状況に注目しております。我が家の長男も出願するってコトも確かにそうなんですが,三田市内の高校につき定員が昨年比80名減少で募集840名。けれども三田市内の中学校三年生が合計843人<三田市教育委員会公表,5月1日時点,私立含まない>という状況なので(笑)

1 推薦入学・特色選抜・連携型入学者選抜・外国人生徒にかかわる特別枠選抜
(1)願書受付 令和3年2月3日(水)~ 2月5日(金)
※外国人生徒にかかわる特別枠選抜の志願変更 令和3年2月8日(月)~2月9日(火)

 兵庫県公立高等学校入学者選抜 基本方針・選抜要綱等 
https://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/02nyuushi/r3senbatu/r3senbatu.html

高校受験生が推薦入試で気にすべき3つの日。兵庫県

公立高校での推薦入試に合格を狙っている受験生が気にするべき日は3つあります。願書受付最終日2月5日(金),適性検査や面接等2月16日(火),合格者発表2月21日(日)。中でも「願書受付最終日2月5日(金)」はとても熱い!,この時点で定員割れが判明するからだ。合格織り込み済みの可能性を得ちゃうw

 兵庫県公立高等学校入学者選抜 基本方針・選抜要綱等 
https://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/02nyuushi/r3senbatu/r3senbatu.html

兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況2015年まで2021年まで

令和3年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
https://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/02nyuushi/r3senbatu/r3senbatu.html

令和2年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
https://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/R2senbatu/R2senbatu.html

平成31年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H31senbatu/H31senbatu.html

平成30年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H30senbatu/H30senbatu.html

平成29年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H29senbatu/H29senbatu.html

平成28年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H28senbatu/H28senbatu.html

平成27年度兵庫県公立高等学校入学者選抜出願状況
http://www.hyogo-c.ed.jp/~koko-bo/H27senbatu/H27senbatu.html

長男にも高校受験対策を実施中

長男の高校受験対策。将来をジンワリ見据えながら微妙な距離感を保ちつつ会話を重ね掴んだ「情報工学」という種。大切に育みたいと思います。通学時間の節約を最優先にした志望校選び。時間は評判を上回る程の価値が備わっているからだ。現時点で過去問9カ年征服で合格点を6.7%オーバーで織り込んだ。

英検三級&漢検三級を確保し通知表はall3以上で着地。推薦入試も受けられることになり,既に志望理由やら自己推薦やら面接原稿も起こし済み。過去問も入手しているので後は事前の確認と心の準備を整えるだけ。これまで自分のペースで学力を積み上げ続けたきた結果が,今正に花を咲かせようとしている。

令和3年度兵庫県公立高等学校入学者選抜の日程(抜粋)

1 推薦入学・特色選抜・連携型入学者選抜・外国人生徒にかかわる特別枠選抜

(1)願書受付 令和3年2月3日(水)~ 2月5日(金)

※外国人生徒にかかわる特別枠選抜の志願変更 令和3年2月8日(月)~2月9日(火)

(2)適性検査,面接等 令和3年2月16日(火)

           <一部の学校は2月17日(水)も実施>

(3)合格者発表 令和3年2月21日(日)

2 学力検査

(1)願書受付 令和3年2月24日(水)~ 2月26日(金)

(2)志願変更 令和3年3月1日(月)~ 3月3日(水)

(3)学力検査 令和3年3月12日(金)

(4)総合学科の実技検査 令和3年3月13日(土)

(5)合格発表 令和3年3月19日(金)