入社1か月を振り返って

熊橋 実里

 9月下旬にnawadanに入社し、はや1か月が経ちました。この1か月、驚き、緊張感、少しの辛さ、そして大きな達成感や喜びと、自分が日々様々な感情を抱きながら生活をしていることを痛感しました。それは決して楽なことではなく、何もせずとも時間が経っていくというようなものではありません。しかし、浮き沈みの無い感情とともに毎日をなんとなく過ごすことに比べれば、遙かに充実し、「生きている」実感を得ていることに違いないでしょう。

 私が、忙しい感情の変化と付き合いながら日々仕事をすることに対して充実していると思えるようになったのは、入社して間もなくという訳ではありません。紆余曲折の末に、こうしてこの1か月を充実したものだと振り返ることができるのです。その紆余曲折について、少しお話しをさせていただきたいと思います。

 突然ですが、私は幼い頃から「自由にやっていいよ」という台詞を言われて戸惑ったことがありません。小学生の頃、図工の授業では周りがどういう風に作品を作り始めようかと迷い、参考の作品を見たり周りの友達と相談し合ったりしている間に、私の中ではもう完成のイメージができていて、一人黙々と作業を続けていました。中学生になると理科や社会の暗記ノートを自作してテストに臨んでいました。自分の思うように作ったノートを使って良い点が取れれば、それは何より楽しいことでした。

 そんな私にとって、nawadanはとても魅力の溢れる会社でした。自分が思う最良の方法を考えそれを実践する。「こう考えたのですがどう思いますか?」と聞けば「そう考えたのならやってみたら?」と返ってきます。ですが決して放任されている訳ではありません。成功すれば一緒に喜んでくださり、失敗すればアドバイスを下さる。「自由にやっていいよ」という言葉にワクワクしてしまう私にとって、とてもお仕事のしやすい環境です。

 しかし私には直そうもなかなか直らない欠点があります。たとえ切羽詰まろうと「人に頼っている時間が勿体ない」という思考になり一人でがむしゃらに頑張り、結果キャパオーバーでパンクするという現象が、定期的に起こってしまうのです。nawadanに入社した後も、私の人生における「第n回・一人がむしゃら期」がやってきました。客観的に考えればそんなに重大な問題を抱えている訳ではないことも多いのですが、その期間に入ってしまった私には、どんなに小さなことでも一大事に思えてしまうのです。

 「でも、頑張らないと。だって今の私には、頼りにしてくれる生徒様がいるんだから。」そう自分に言い聞かせたとき、ふと自分が心の中で言った言葉が引っかかりました。それまでの私は、自分のことばかり気にしていたことに気付きました。「これをしないと後で自分の首を絞めることになる!」そんな風に考えていたから、私はしんどさを感じていたのでした。「きっとこうすれば喜んでもらえるだろう、役に立てるだろう」生徒様のことを一番に考えたとき、自分がなにをすべきかが明確になりました。いつも私の話に真剣に耳を傾け、分からなかったことが分かって喜ぶ生徒様の姿を思い浮かべると、それまで私の心を重くしていたものは吹き飛びました。それからは、がむしゃらにやることがしんどいことではなく、楽しいことに、なんと180度変わったのです。

 そんな風に変われたのは、自分の視点を変えることができたからですが、そのきっかけを与えてくれたのはnawadanの社風、社長や周りのスタッフの方々のお言葉であることは間違いありません。電話越しで「一人がむしゃら期」突入中の私の異変に気付いて絶妙なヒントを下さったり、私の意見に対して「じゃあそれでやってみよう」と背中を押してくださったりするのが、nawadanのスタッフです。私がこの1か月で、これまで自分の欠点だと思っていたことを自分のエネルギーに変えることができたのは、私を取り巻く環境のおかげだと自信を持って言うことができます。

 これからも私の一人がむしゃら期はn+1回目、n+2回目と幾度となくやってくると思いますが、それを怖いと思う気持ちは一切なくなりました。むしろいつも以上に集中力を発揮できるので有り難ささえ感じます。nawadanが、社長やスタッフの方々が、そしてお客様の存在が私に与えてくれた大切な気付きを胸に、更に相手の求めることを感じ取り、それに応えることができるように、今日もお仕事に臨みたいと思います。

1691時間15分。正社員が一年間に働いた時間です。

「2019年3月21日から2020年3月20日まで,に働いた時間を教えてもらえますか?」という問いに対して,チームメンバーのスタッフ成田麻菜さんからのご回答。勿論,正社員です。3年目ということでマネージャーに昇進!,賞与年4回で昇給5%,ここに車両代金と携帯電話代金が経費として追加支給という環境。

書類審査提出から入社日決定まで(平均的な感じ)

・入社希望者から2020年6月28日に応募書類が提出される。

・株式会社nawadanは2020年6月29日に応募書類を受理する。

・株式会社nawadanは書類審査の結果を合格として2020年7月6日に通知する。

・株式会社nawadanは面接審査を2020年8月8日に実施する。

・株式会社nawadanは面接審査の結果を合格として2020年8月10日に通知する。

・株式会社nawadanは事前打合として入社希望者の写真撮影を行い同日公開する。

・入社希望者の入社日が2020年9月21日として決定する。

・一つ一つご予約を承り,日程表に設定する(先着順のためお早めに!)。

スタッフ・熊橋実里(くまはしみのり)

とにかく勉強することが大好きです!,自己研鑽の日々を快活的に過ごし,その中で得られる成功経験を子供達における学力アップに幅広く生かします。一人一人の個性を豊かに,誠実かつ直向きに磨き続けることを心掛けております。ホスピタリティ精神を大切に「学ぶ楽しさ」を共に深め育んでまいります。‬

兵庫県ほぼ全域を対応させて頂いております!
神戸,芦屋,西宮,姫路,高砂,加古川,明石
三田,三木,加東,小野,西脇,たつの,相生

(1)大学受験生ならびに高校生への対応

英語(筆記・リスニング・TOEIC)
数学(1A・2B)
国語(現代文・古文・漢文)
理科(生物基礎・生物・化学基礎・化学)
社会(日本史・世界史・地理)

東大京大・旧帝大・地方国公立・国公立医学科
私立医学科・早慶上理・MARCH・関関同立
日東駒専・産近甲龍・センター90%・その他

(2)高校受験生ならびに中学生への対応

英語・数学・国語・理科・社会

白陵・関学・須磨・滝川
公立・高専・基本・標準

(3)中学受験生ならびに小学生への対応

算数・国語・理科・社会

白陵・関学・須磨・滝川
公立・高専・基本・標準

2020ピックアップブログ「ここで働きたい! 」

2020年求人募集(新卒採用・中途採用)

受験塾家庭教師(株式会社nawadan)で働く,ということ。

入社して一年

入社3ヶ月目スタッフの声

為せば成る!、スタッフの大切な声。みんなアリガトウ☆

『受験塾家庭教師のプロ家庭教師』として活躍して頂ける方へ

こんな「プロ家庭教師」のスタッフ達(一部)

私は時にスタッフ達に話をします。

企業プレゼンシートを兵庫労働局へ提出

家庭教師で正社員と言えば受験塾家庭教師

常に「プロ家庭教師」を生み出す受験塾家庭教師

昇給,賞与,有給休暇だけでなく退職金制度も適用します。

有給休暇取得には分単位での取得を認めています。

生活習慣病予防健診の負担分を全額支えます。

時には叱る場合もあります。

2020年求人募集(新卒採用・中途採用)

【スタッフの声】
受験塾家庭教師(株式会社nawadan)で働く,ということ。
入社して一年
入社3ヶ月目スタッフの声
為せば成る!、スタッフの大切な声。みんなアリガトウ☆
スタッフの声<新しいシステムがここにあります!)

【エントリーシート】
エントリーシート

【募集要項(正社員)】

【募集要項(短時間正社員)】

【給与試算表】

【応募書類・応募書類の提出先】
① 履歴書
② 職務経歴書(中途採用への応募者のみ)
〒669-1547兵庫県三田市富士が丘5-7-10
株式会社nawadan(受験塾家庭教師 事業部)

【審査・面接場所】
① 書類審査(エントリーシート,履歴書,職務経歴書)
② 面接審査(最長90分として審査に加え説明や質問等)
〒669-1531兵庫県三田市天神1-3-1郷の音ホール

【採否通知・入社時期】
① 審査後1週間以内
② 最短2週間以内から最長1年以内まで

企業プレゼンシートを兵庫労働局へ提出

‪2020年新卒採用に向け,2021年新卒採用に向け,企業プレゼンシートを作成致しました。新卒採用向け求人募集申請と併せて,兵庫県労働局に受理されました。受験塾家庭教師(株式会社nawadan)のスタッフ募集では意外とちゃんとしております。コンプライアンス経営は企業体質の健全化に必要不可欠です。‬

『受験塾家庭教師のプロ家庭教師』として活躍して頂ける方へ

‪受験塾家庭教師(株式会社nawadan)は,兵庫県,大阪府,京都府,そして東京都から日本全国各地を範囲に,『受験塾家庭教師のプロ家庭教師』として活躍して頂ける方々の発掘に力を入れてまいります!,その方法は次の2つです。‬

‪1つ目は,受験塾家庭教師(株式会社nawadan)の正社員あるいは短時間正社員として入社するかたちで,『受験塾家庭教師のプロ家庭教師』としてお仕事をして頂く方法です。弊社は,働きやすい就業環境(土日の完全週休2日制や週33時間45分など),給与と賞与と昇給の充実,経費実費全額支給,100%年次有給休暇や退職金制度,社会保険完備(健康厚生雇用労災),を備えております。‬

‪入社をご希望の方や入社に関わるご質問がある方はコチラからお問い合わせならびにエントリーして下さい。‬

‪2つ目は,受験塾家庭教師(株式会社nawadan)と個人事業主(家庭教師をしている)または法人(家庭教師に関わる事業を営んでいる)が手を組むかたちで,『受験塾家庭教師のプロ家庭教師』としてお仕事をして頂く方法です。弊社は,ブランディング,マーケティング,コンサルティング,だけでなく各種マネジメント,そして様々な業務をサポートさせて頂きます。‬

‪興味がある方や是非とも話を聞いてみたい方は0120181663からお問い合わせならびにエントリーして下さい。‬

受験塾家庭教師(株式会社nawadan)で働く,ということ。

【入社1年9ヶ月を振り返って会社に感じていること】

 まず最初に,この1年9ヶ月が私にとって限りなく充実した日々であったことが,株式会社nawadanという会社がどのような会社であるかを表しているのではないでしょうか。この充実した日々には、お仕事をしている時間はもちろん,プライベートの時間も含まれております。

 家庭教師というお仕事に,「正社員」という言葉はおそらくミスマッチ。正社員として働き始めて1年9ヶ月を迎えておりますが,「お仕事は何を?」という質問を受けることがよくあります。「家庭教師をしています。」と答えると,必ずと言っていいほど,「やっぱり,いろいろな所に登録されているんですか?」と,聞かれます。さらに,「授業がない時間は?」「土日や長期休みは忙しい?」「お給料は?」「ボーナスは?」といった言葉が続きます。これが,家庭教師に対する世間のイメージであり,また現実でもあります。アルバイトや副業というイメージが強く,本職としては時間的にも金銭的にも「安定性」に欠ける。そんなデメリットを,nawadanは大きく変えた革新的な会社であると感じております。

 何よりも,時間の余裕はかけがえのないものです。就業時間は平日15時から22時30分まで。帰る時間は遅めですが,その分朝はおそく寝坊とは無縁です。月曜日の昼に帰宅の予定で旅行をすることもできます。朝からバタバタとお仕事の準備をする事もありません。また,家庭教師のお仕事としては異様とも思える土日が完全にお休みである事(もちろん,有給休暇もあります!)。サービス業全体をみても,土日がお休みということは画期的です。むしろ,土日は完全にお休みなので,同じく土日がお休みでも,休日出勤があり得る会社員よりはるかに確実に休めています。時間に余裕を持ち,安定して休むべき時にしっかり休めるからこそ,心身共に100%の力でお仕事に打ち込むことが可能だといえます。特に,学生から社会人に,nawadanの一員になることに力んでしまったり,焦りや戸惑いも生じた1年目と比較し,社会人としての余裕が徐々に出てきた今だからこそ感じていることですが,どんなに好きなことでも,それが仕事である限り,休む時間がなければ気を休めることは難しく,疲労は思考を鈍らせます。社員に確実な休みが与えられ,時間に余裕が持てる。これは,単にプライベートの時間を好きなように充実させられるだけでなく,結果的にはお仕事のパフォーマンス向上に大きく影響していると実感しております。

 また,社会人として働く以上,お金の問題を避けては通れません。家庭教師を本職として生きたいと思った時に,1番の問題は「お金」の事でした。家庭教師を続けられるならば,たとえ生活に無理が出てもいい,なんて立派な覚悟をしているようで現実を見れていない甘い考えを持ってもいました。「家庭教師=派遣」,「家庭教師=授業時間分の稼ぎ」が一般的であり,実際に学生時代のアルバイトはまさに世間のイメージ通りの働き方。世間でプロ家庭教師と言われている方も,多くは派遣であったり,授業時間分の稼ぎでしょう。そのため,稼ぎを得るためには土日休日朝昼夜を問わず,自分の時間を犠牲にしてでも指導を詰める必要がございます。しかし,派遣である限り,安定して依頼がある保証はなく,特に受験生を多く抱えている年は,卒業後の仕事の見通しが立たず非常に不安定。その他の保証も何もなく,常に将来への不安が付きまといます。家庭教師という仕事1本で働く人が少ない要因の1つはここにあると言えます。お子様の将来に関わる大きな役割の一端を担う家庭教師に「専門」が少なく,プロと呼ばれる方にさえ対応できない科目や学年があるのは,金銭的にも時間的にも得られる人材が少なく,対応科目を広げたくても極め辛く人材が育つ環境とは言えないためといえます。しかしその問題点を,nawadanは解決していると感じております。正社員として雇用される事で,授業があるないにかかわらず,確実に毎月安定して得られるお給料があり,年に4回のボーナスもあります。それも名の知れた企業に就職している人に堂々と言えるだけのものを得ています。保険もあります。欲しいものを買い,身なりを整え,旅行に行き,貯金をする金銭的な余裕があります。nawadanが,家庭教師の金銭面での問題を変えたことは明らかです。

 時間面と金銭面の問題が改善されたことで,利益を受けているのは働いている人間だけではありません。「お金がない→自分の時間を割いて働く→疲労からお仕事のパフォーマンスが低下する,あるいは自分の知識を広める時間がなく,対応科目が限定される」このような流れが断ち切られたことで,余裕を得た家庭教師は,生徒はもちろん親御様にも真摯に向き合い,課題に対して最大限の力を注ぎ込むことができ,対応科目が増えることで,1人あるいは少ない教師がお客様を担当することができるため,使える時間を最大限利用でき,質の高い関係を構築し易く,また問題発生時には迅速な対応を可能とする。結局のところ,全ては家庭教師としてお客様に最高のパフォーマンスを提供できることに繋がっているのだと感じております。そして,まだまだ若い私ですが,そのように働けることが,家庭教師として私自身が何よりもありたいと思っている姿でもあり,nawadanはそのような自分を得られる場所であると感じております。

【就業ペースと週末やお休みの過ごし方】

 普段の就業ペースは,平日15時から22時30分まで。うち,15時からの指導は現在のところ2日なので,指導までの時間は,授業の予習や問題作成,文章作成などの作業をこなしたり,時には打ち合わせを行っています。指導と指導の間では,移動をしつつ食事や休憩をとっているため,就業時間中常に指導にあたっているわけではありません。毎週ほぼ決まったスケジュールで動いていますが,長期休みやテスト期間中は,振替消化のためにプラスで指導に入ることもあります。プラスと言っても,就業時間は固定のため,基本的に残業をすることもありません。最後の指導先にもよりますが,30分~1時間程度で帰宅し,夜中の2時~3時には就寝,朝は9時~10時に起床し,仕事に向かうまではのんびりと過ごしています。とはいえ,のんびりしすぎるのもかえって時間がもったいないと感じるので,何かしらの勉強をする事も多いです。ウォーミングアップがてら,数学の問題を解いてみたり,現代文や古文を読んで頭を起こす事もあります。学生時代から平日の仕事前,暇な時間は勉強する習慣があったので,社会人になって以降も勉強をしないとソワソワしてしまうのですが,勉強をしたくなるなど,自分に余裕がある証拠だなとつくづく思います。他にも,母を誘い買い物にでたり,月に1回はネイルに行くなどしているので,本当に優雅なものです。

 週末は,1日は家で過ごし1日は出かけることを理想に過ごしています。家にいる日は,本を読みながら,気づけばうとうとしていることが多いです。読む本も授業にいつか役立ちそうな本をつい選んでしまい,近頃は源氏物語など古典作品の現代語訳をよく読んでいます。家庭教師をしていなければおそらく手に取らなかったようなものに出会い,こんなにも面白かったんだと発見になるのが,ささやかな楽しみだったりします。そして,2日のうち1日は,少しでも外出するようにしています。外出と言っても,少し買い物に出たり,外食をしたりする程度を含みますが,家にこもってだらけたまま週末を過ごすのは勿体無い精神です。数ヶ月に1回は,泊まりで旅行にも行きます。週末をどのように過ごしても,月曜日のスタートが遅いため,週明けの怠さを感じず,むしろ十分に充電できているので,絶好調で新しい週のスタートをきっています。

 通常の休みとは違う年末年始やGW期間中などは,有給休暇を頂きますが,それこそだらだら過ごすのは勿体ないと,予定を詰め込み,セールに合わせて買い物に出たり,普段会えない友人と食事をしたり,キャンプやスキーに出ています。流石に,予定を詰めすぎてしまい長期休み後は気持ちが緩み怠さも感じますが,指導がはじまると自然と気持ちが切り替わります。

 自分の日常を振り返ると,手慰みに勉強をしてみたり,本を読めば授業のネタ集めをし,旅行に行けば史跡や歴史がつい気になるなど,家庭教師としての自分とそうでない自分とを分けることができなくなっている,というよりも家庭教師であることが自分の一部になっていますが,自分の何気ない日常や視点から得た,使えなさそうな,とるに足りない知識でも,思いがけず指導に役立つことがあり,そんな知識を集めることが日常の1番の楽しみなのかもしれません。

成田 麻菜