受験塾家庭教師(株式会社nawadan)で働く,ということ。

【入社1年9ヶ月を振り返って会社に感じていること】

 まず最初に,この1年9ヶ月が私にとって限りなく充実した日々であったことが,株式会社nawadanという会社がどのような会社であるかを表しているのではないでしょうか。この充実した日々には、お仕事をしている時間はもちろん,プライベートの時間も含まれております。

 家庭教師というお仕事に,「正社員」という言葉はおそらくミスマッチ。正社員として働き始めて1年9ヶ月を迎えておりますが,「お仕事は何を?」という質問を受けることがよくあります。「家庭教師をしています。」と答えると,必ずと言っていいほど,「やっぱり,いろいろな所に登録されているんですか?」と,聞かれます。さらに,「授業がない時間は?」「土日や長期休みは忙しい?」「お給料は?」「ボーナスは?」といった言葉が続きます。これが,家庭教師に対する世間のイメージであり,また現実でもあります。アルバイトや副業というイメージが強く,本職としては時間的にも金銭的にも「安定性」に欠ける。そんなデメリットを,nawadanは大きく変えた革新的な会社であると感じております。

 何よりも,時間の余裕はかけがえのないものです。就業時間は平日15時から22時30分まで。帰る時間は遅めですが,その分朝はおそく寝坊とは無縁です。月曜日の昼に帰宅の予定で旅行をすることもできます。朝からバタバタとお仕事の準備をする事もありません。また,家庭教師のお仕事としては異様とも思える土日が完全にお休みである事(もちろん,有給休暇もあります!)。サービス業全体をみても,土日がお休みということは画期的です。むしろ,土日は完全にお休みなので,同じく土日がお休みでも,休日出勤があり得る会社員よりはるかに確実に休めています。時間に余裕を持ち,安定して休むべき時にしっかり休めるからこそ,心身共に100%の力でお仕事に打ち込むことが可能だといえます。特に,学生から社会人に,nawadanの一員になることに力んでしまったり,焦りや戸惑いも生じた1年目と比較し,社会人としての余裕が徐々に出てきた今だからこそ感じていることですが,どんなに好きなことでも,それが仕事である限り,休む時間がなければ気を休めることは難しく,疲労は思考を鈍らせます。社員に確実な休みが与えられ,時間に余裕が持てる。これは,単にプラーベートの時間を好きなように充実させられるだけでなく,結果的にはお仕事のパフォーマンス向上に大きく影響していると実感しております。

 また,社会人として働く以上,お金の問題を避けては通れません。家庭教師を本職として生きたいと思った時に,1番の問題は「お金」の事でした。家庭教師を続けられるならば,たとえ生活に無理が出てもいい,なんて立派な覚悟をしているようで現実を見れていない甘い考えを持ってもいました。「家庭教師=派遣」,「家庭教師=授業時間分の稼ぎ」が一般的であり,実際に学生時代のアルバイトはまさに世間のイメージ通りの働き方。世間でプロ家庭教師と言われている方も,多くは派遣であったり,授業時間分の稼ぎでしょう。そのため,稼ぎを得るためには土日休日朝昼夜を問わず,自分の時間を犠牲にしてでも指導を詰める必要がございます。しかし,派遣である限り,安定して依頼がある保証はなく,特に受験生を多く抱えている年は,卒業後の仕事の見通しが立たず非常に不安定。その他の保証も何もなく,常に将来への不安が付きまといます。家庭教師という仕事1本で働く人が少ない要因の1つはここにあると言えます。お子様の将来に関わる大きな役割の一端を担う家庭教師に「専門」が少なく,プロと呼ばれる方にさえ対応できない科目や学年があるのは,金銭的にも時間的にも得られる人材が少なく,対応科目を広げたくても極め辛く人材が育つ環境とは言えないためといえます。しかしその問題点を,nawadanは解決していると感じております。正社員として雇用される事で,授業があるないにかかわらず,確実に毎月安定して得られるお給料があり,年に4回のボーナスもあります。それも名の知れた企業に就職している人に堂々と言えるだけのものを得ています。保険もあります。欲しいものを買い,身なりを整え,旅行に行き,貯金をする金銭的な余裕があります。nawadanが,家庭教師の金銭面での問題を変えたことは明らかです。

 時間面と金銭面の問題が改善されたことで,利益を受けているのは働いている人間だけではありません。「お金がない→自分の時間を割いて働く→疲労からお仕事のパフォーマンスが低下する,あるいは自分の知識を広める時間がなく,対応科目が限定される」このような流れが断ち切られたことで,余裕を得た家庭教師は,生徒はもちろん親御様にも真摯に向き合い,課題に対して最大限の力を注ぎ込むことができ,対応科目が増えることで,1人あるいは少ない教師がお客様を担当することができるため,使える時間を最大限利用でき,質の高い関係を構築し易く,また問題発生時には迅速な対応を可能とする。結局のところ,全ては家庭教師としてお客様に最高のパフォーマンスを提供できることに繋がっているのだと感じております。そして,まだまだ若い私ですが,そのように働けることが,家庭教師として私自身が何よりもありたいと思っている姿でもあり,nawadanはそのような自分を得られる場所であると感じております。

【就業ペースと週末やお休みの過ごし方】

 普段の就業ペースは,平日15時から22時30分まで。うち,15時からの指導は現在のところ2日なので,指導までの時間は,授業の予習や問題作成,文章作成などの作業をこなしたり,時には打ち合わせを行っています。指導と指導の間では,移動をしつつ食事や休憩をとっているため,就業時間中常に指導にあたっているわけではありません。毎週ほぼ決まったスケジュールで動いていますが,長期休みやテスト期間中は,振替消化のためにプラスで指導に入ることもあります。プラスと言っても,就業時間は固定のため,基本的に残業をすることもありません。最後の指導先にもよりますが,30分~1時間程度で帰宅し,夜中の2時~3時には就寝,朝は9時~10時に起床し,仕事に向かうまではのんびりと過ごしています。とはいえ,のんびりしすぎるのもかえって時間がもったいないと感じるので,何かしらの勉強をする事も多いです。ウォーミングアップがてら,数学の問題を解いてみたり,現代文や古文を読んで頭を起こす事もあります。学生時代から平日の仕事前,暇な時間は勉強する習慣があったので,社会人になって以降も勉強をしないとソワソワしてしまうのですが,勉強をしたくなるなど,自分に余裕がある証拠だなとつくづく思います。他にも,母を誘い買い物にでたり,月に1回はネイルに行くなどしているので,本当に優雅なものです。

 週末は,1日は家で過ごし1日は出かけることを理想に過ごしています。家にいる日は,本を読みながら,気づけばうとうとしていることが多いです。読む本も授業にいつか役立ちそうな本をつい選んでしまい,近頃は源氏物語など古典作品の現代語訳をよく読んでいます。家庭教師をしていなければおそらく手に取らなかったようなものに出会い,こんなにも面白かったんだと発見になるのが,ささやかな楽しみだったりします。そして,2日のうち1日は,少しでも外出するようにしています。外出と言っても,少し買い物に出たり,外食をしたりする程度を含みますが,家にこもってだらけたまま週末を過ごすのは勿体無い精神です。数ヶ月に1回は,泊まりで旅行にも行きます。週末をどのように過ごしても,月曜日のスタートが遅いため,週明けの怠さを感じず,むしろ十分に充電できているので,絶好調で新しい週のスタートをきっています。

 通常の休みとは違う年末年始やGW期間中などは,有給休暇を頂きますが,それこそだらだら過ごすのは勿体ないと,予定を詰め込み,セールに合わせて買い物に出たり,普段会えない友人と食事をしたり,キャンプやスキーに出ています。流石に,予定を詰めすぎてしまい長期休み後は気持ちが緩み怠さも感じますが,指導がはじまると自然と気持ちが切り替わります。

 自分の日常を振り返ると,手慰みに勉強をしてみたり,本を読めば授業のネタ集めをし,旅行に行けば史跡や歴史がつい気になるなど,家庭教師としての自分とそうでない自分とを分けることができなくなっている,というよりも家庭教師であることが自分の一部になっていますが,自分の何気ない日常や視点から得た,使えなさそうな,とるに足りない知識でも,思いがけず指導に役立つことがあり,そんな知識を集めることが日常の1番の楽しみなのかもしれません。

成田 麻菜

こんな「プロ家庭教師」のスタッフ達(一部)

和田 成博

和田成博の対応できる科目や地域,学校等

絶対に諦めたらアカン!,を意識し闘い続けるプロ家庭教師であり,受験塾家庭教師(株式会社nawadan)の創業者。徹底した情報収集,戦略戦術の構築,迅速かつ鋭敏な判断力そして実行力で漸進あるのみ。時には厳しく,時には優しく,多くの御子様達そして親御様達に影響を与え,成功成長へと導きます。

成田 麻菜

(成田麻菜の対応できる科目や地域,学校等)

絶対に学力を伸ばすんだ!,とにかく合格を掴みます!,決して諦めてはいけない!,正に『情熱』の塊。笑顔の奥に秘められた強い気持ちが奮い立ちます。将来を見据えて直向きに努力する姿勢は,本当に素晴らしいです。一喜一憂を跳ね除け,我慢一徹で地道な工夫の連続が「学力を伸ばす鍵」を掴みます。

松谷 優希

松谷優希が対応できる科目や地域,学校等

無ければ創る!,を積極的に取り組みます。どんな成績でも,どんな学力でも決して諦めず,剣道三段取得とピアノ16年継続により培ってきた忍耐力の強さを生かし,キチッと鮮やかに導きます。人見知り感25%の割には,話をすると意外に口数が多く,場を和ませることが得意です。共に道を開拓しましょう。

時には叱る場合もあります。

時に止むを得ない場合もございます。スタッフを叱る折,そこには「受験塾家庭教師(株式会社nawadan)らしさ」が存在します。甘やかすことはしませんし,チヤホヤもしません。だからと言って冷徹でもございません。少なくともスタッフ皆が,各々に自身の「自分らしさ」を尊重できるよう言葉を届けます。

正社員まで短時間正社員という働き方(週1)

募  集:短時間正社員

人  員:3名

勤  務:週1日間

形  態:直行直帰

職  種:家庭教師

内  容:学習指導・進学相談・小論面接・書類郵送・提案作成・情報収集

・・・・:教材手配・原稿制作・報告作成・修得学習・管理事務・問題解決

学  歴:大学卒業以上ならびに高専卒業以上,大学中退の場合は要相談

経  験:不問

資  格:普通自動車免許

年  齢:不問

時  間:週4時間45分(4時間45分/日)

就  業:17:00から22:30の内4時間45分

残  業:あり

休  憩:45分

休  み:週休6日制(月・火・水・木・金・土・日の内6日間)

有給休暇:あり

・・・・:①(G  W)04/29から05/06のうち最大5日間まで取得可能

・・・・:②(お  盆)08/12から08/17のうち最大4日間まで取得可能

・・・・:③(年末年始)12/29から01/03のうち最大6日間まで取得可能

年間休日:312日

賃金形態:月給

給  与:¥32,637/月

内  訳:基本給¥31,800/月 + 深夜手当¥837/月

手  当:時間外手当,休日手当,深夜手当,調整手当

加入保険:雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金

初任給[一例]

基本給¥31,800+諸手当¥837

=総支給額¥32,637

雇用保険¥0+労災保険¥0

=社会保険料¥0

控除後支給額¥32,637ー源泉徴収税¥0

=手取額¥32,637

費  用:実費精算

・・・・:車両費,旅費交通費,通信費,事務用品,教材費,運搬費,雑費

賞  与:あり*年4回(3月・6月・9月・12月)

・・・・:利益を3等分して3ヶ月毎に支給

昇  給:あり*年1回(4月)

・・・・:基本給の1%以上

退職金*:あり

締  切:当月20日

支  払:当月末日

定  年:65歳

マイカー:可

試用期間:なし

期間定め:なし

応募書類:エントリーシート,履歴書,職務経歴書

応募方法:①エントリーシートを送信する。

・・・・:②履歴書と職務経歴書を郵送する。

宛  先:〒669-1547兵庫県三田市富士が丘5-7-10株式会社nawadan

選  考:総合審査(書類審査,面接審査,事前打合)

選考日時:随時

選考場所:郷の音ホール(〒669-1531兵庫県三田市天神1丁目3-1)

審査結果:2週間以内に書面またはメールで通知します。

事  業:受験塾家庭教師

会  社:株式会社nawadan

本  社:〒669-1547兵庫県三田市富士が丘5-7-10

連  絡:office_nawadan@icloud.com

週所定20時間以上?!

暫定基礎届。令和元年7月10日まで。この辺りはいつもと同じな感じ。ただ意味深なリーフレットが・・・汗。短時間正社員の社会保険加入として「週所定20時間以上」という云々カンヌン。手続きをパパッと済ませて,またまた勉強して練り直さねば?!,これからも働きやすい環境を作り続けてまいります。

労働保険料・一般拠出金の申告

労働保険料・一般拠出金の申告。法令がどうのこうのと,要件を満たしていないからどうのこうのと,社会と自分に従業員に言い訳ばかりして,ちゃんとしていない会社や個人事業は,「人を雇う資格一切ナシ」やと思てます。当たり前のことですが株式会社nawadanでは法令に従いキチンとちゃんとしてます。

生活習慣病予防健診の負担分を全額支えます。

プロ家庭教師の健康を守る!,ということもまた受験塾家庭教師の宿命でございます。働き方改革として就業時間や有給休暇,給与賞与その他の待遇だけでなく,『健康』というところにも気持ちを注ぎます。これは弊社にとって当たり前のことです。スタッフ皆様を守ることでお客様の安全安心に繋がります。

受験塾家庭教師では,スタッフ皆様の『健康』を支えます。けんぽ協会での一部負担後に生じる自己負担分については,その全額を会社で負担しております。その方法は,領収書でも明細書でも構わないので負担分が分かるものを会社へ提出します。これで経費として精算するかたちで給与に反映し支給します。

ピックアップ毎日ブログ「ここで働きたい! 」

【求人募集】受験塾家庭教師・正社員(完全週休2日制・土日)

【求人募集】受験塾家庭教師・正社員(完全週休3日制・土日)

【求人募集】受験塾家庭教師・短時間正社員(完全週休2日制)

【求人募集】受験塾家庭教師・短時間正社員(完全週休3日制)

家庭教師で正社員と言えば受験塾家庭教師

常に「プロ家庭教師」を生み出す受験塾家庭教師

昇給,賞与,有給休暇だけでなく退職金制度も適用します。

有給休暇取得には分単位での取得を認めています。

入社して一年

入社3ヶ月目スタッフの声

為せば成る!、スタッフの大切な声。みんなアリガトウ☆

スタッフの声<新しいシステムがここにあります!)

入社して一年

2019年3月21日をもって,受験塾家庭教師の家庭教師としての生活も早1年が経ちましたが,この1年は,1年前に考えていたよりもずっと短く,ずっと楽しく,さらにずっと充実した日々となりました。

入社以前より,「ここしかない!」と心に決めた受験塾家庭教師で働けることは,まさに「待ちに待っていたこと」でした。よって,嫌々働くような状況は,もとより考えにはございませんでした。しかし,良い意味で期待を裏切られたといっても過言ではありません。なぜなら,期待していた基準,想像していた基準をはるかに超える事は当たり前。予想だにしなかった事が存在するのが当たり前。それが,受験塾家庭教師だったからです。

例えば,「残業はなし」「休日出勤なし」といいつつ,多少の残業や休日出勤が発生してしまうこと,これが社会人の通常です。これは,同時期に多種多様な業界へ就職していった友人たちが証明していることです。しかし,本当に「ない」のが受験塾家庭教師です。また,15時より勤務は開始ですが,指導や打ち合わせの時間以外は,原則として修得学習です。当然,勉強していることを何らかの形で証明する必要があると考えておりましたが,何もございません。

この点は,入社当初最も驚いたことの1つです。友人にこの事を話すと,「サボれるじゃん!」と言われます。その通りです。指導開始時間まで遊びに出ていても,バレることはありません。何より,社長自ら,「ゆっくりしてください!だらだらしてね!」とおっしゃる状況です。しかし,「サボれる」この発想自体が,受験塾家庭教師で働く私と,一般的な社会人をしている友人たちとの違いです。「サボる」とは,嫌なことから逃れることでしょう。

多くの友人たちにとって,お仕事は嫌なものであるため,「サボる」という発想が生じることは自然なことです。しかし,お仕事に対して,それが修得学習であっても,「嫌」という感情が一切生じないため,私には「サボる」という発想が生じません。とはいえ,就職をして1年が経った今,社長がおっしゃる「ゆっくりしてね」を徐々に上手く活用できるようになったこともまた,1つの変化です。

「ゆっくりする」これを,実質的にサボっていることに繋がると考えておりましたが,お仕事をする中で,サボるのではなく,むしろ,指導に向けてエネルギーを貯めるため,より効率的に修得学習を行うため,何より100%楽しく,そして元気にお仕事をするための「ゆっくり」と考えるようになりました。このような考え方は,一般企業には存在しないことでしょう。少しずつ,オンオフを切り替えることができるようになって以降,今まで以上に自分に余裕が持てていると実感しております。

大人になるにつれて,時間が経つのが早くなる。これは,よく言われることであり,私自身もそう感じる1人です。しかし,一般的に言われる,日々のルーティンをただ繰り返しているから早く感じているのではないでしょう。むしろ,休日の時間が早く過ぎ去る感覚と同じです。1日1日が,平日休日問わず常に楽しいものであるため,1週間が,1ヶ月がとても早く感じるのだと考えております。休日,「明日から仕事が嫌だ~」と言っている友人の傍ら,全くその感覚を理解できない私は,時に「おかしいのかな?」と,錯覚を起こしてしまいます。

社員が充実した日々を送ることができ,社員をひっぱる社長が,実感できる形で誰よりも社員を考え,誰よりも働いていらっしゃるからこそ,会社のために,お客様のために100%のことをしたいと考え,行動できるのだと考えております。

もちろん,単に楽なお仕事ではございません。受験塾家庭教師の家庭教師として恥じない指導を行い,サービスを提供するためには,自分自身に各科目を指導できるだけの知識が備わっているだけではなく,立ち居振る舞い,発言の1つ1つにも気を使いつつ,親しみやすさも必要もございます。また,様々なお客様がいらっしゃるため,してしまった対応や,対応しきれなかった事に反省,悔しさを感じること,伸びない生徒に,もっとああすれば・・・こうすれば・・・と,後から反省をすることは多々ございます。

成田 麻菜

家庭教師で正社員と言えば受験塾家庭教師

『お客様の安全と安心と安定を支えるために!』受験塾家庭教師(株式会社nawadan)の求人募集は基本的には,正社員,短時間正社員,の2種類だけ。決して業務委託ではありません。新卒中途に関わらず採用活動を積極的に行っております。2019年3月1日よりハローワークにて求人募集をスタート致しました。

『優秀な方々に受験塾家庭教師のスタッフとして働いてもらいたい!』常日頃から働き方改革を実施中。週33時間45分(1日6時間45分)の就業で土日オヤスミという環境。社会保障制度も充実させて,昇給も賞与も有給休暇も万全なワーク・ライフ・バランス。工夫に工夫を凝らして,ようやく今がございます!

スタッフ募集

エントリーシート

給与試算表