関西医科大学医学部医学科。学校推薦型選抜(小論課題)

小論文+α(小論対策)
http://www.jyukenjyuku.jp/syouronbun.html

医師不足には,都会,地方,診療科,という特に重要と考える3つのキーワードがございます。「都会」における医師不足について,特別区では5つの医学部がある区中央部や3つの医学部の本部を抱える区西部などは医師の数が多く,医療環境も充実していますが,区東北部や区東部などは医師の少ない医療圏が存在します。特に,東北部は中小の医療機関が多いものの医学部が少なく,基幹病院と呼ばれる機関は2つしかありません。その結果,多くの患者が区中央部の大学病院や高機能病院を利用しています。「地方」における医師不足について, 2004年にマッチング制度が導入されて以降,大学病院以外の研修先を選択する医師が急激に増加しました。その結果,大学病院の若手医師は減少してしまい,その分を補おうと,大学医局がこれまで地方に派遣していた医師を,大学病院へ戻す動きが起きた為,地方での医師不足が顕著に増加しました。これは一見すると,医師が勤務先を自由に選べることが,地方での医師不足を誘発している,とも考えられます。「診療科」における医師不足について,内科医,救急科専門医,産婦人科医,が挙げられます。内科医では高齢化の加速で患者数が増え続けているのに,医師の数が追いついていません。産婦人科医では直接,患者の命に関わる仕事なので,患者が命を落とす可能性もあり,時に医療過誤を疑われてしまい訴訟に発展しやすい場合があります。救急科専門医では慢性的に足りていません。しかし救急当直を担う体制が整えば,他の診療科医の負担を軽減することに繋がり,特に医師不足が目立つ地方の自治体病院でも常勤医は増えます。これらを踏まえ先ず第一に,私が医師になるべき,と考えました。そしてこのような問題に対し,積極的に向き合ってくれる仲間を一人でも多く増やす取り組みに努める必要がございます。小さな取り組みも数を重ね続ければ次第に大きな取り組みへと発展するからです。

関西医科大学
http://www.kmu.ac.jp/index.html