毎日ブログ『トツゲキ人生「不明」』

とにかく頑張ります!、という頼もしい言葉。面と向かって発した言葉だっただけに私自身、大きく期待を寄せていたのは間違い無い。働き始め当初は、家庭教師で正社員、という就業環境に採用した二人共が不慣れさを残していた。けれども必死で喰らい付こうと努力しているように見えていたので、私も負けじとその努力に報いるべく、仕事が終われば労を労う為に毎晩のように電話を入れ、たわいもない話に花を咲かせた。時には叱咤激励を織り交ぜて、互いに反省し互いに善処する術を見出だした。とにかくいっぱい喋って、とにかくいっぱい食事をした。そうやって互いの信頼関係を構築すべく日々、1歩1歩だったけれども直向きに切磋琢磨しながら仕事をしまくった。もちろんの事だが、困った事があれば直ぐに相談にのって一緒に解決したり、必要な物があれば直様、準備をし直接、自宅へ届けたりもした。仮に時間が無かった時でも即時即日、郵送で発送して、とにかくスタッフさんが困らないように頭と足と手を尽くしきった。もうとにかく必死である以外の何ものでも無く、意気揚々と順調に進んでいた。何の疑いも無くそう思っていた。

けれども実のところ、そう思っていたのは自分だけだったのだ。あるコトを境に事態は一変。ある週末の夜、いつものように私とマネージャー山田圭介と某スタッフ三人で一緒に食事をしていた。また来週からも頑張ろうぜ!!、というエイエイオーな感じの和やかなムードで会食を終え、その場を後にした。そして次の日、就業時間であるにも関わらず、そのスタッフに連絡が繋がらない。多少、不自然に思ったが、何かしらの状況で圏外なのかな?!、と思ってしばらく返信を待った。すると直ぐに折り返し連絡。自分も急いでたので明日の気象状況に対する対応方法を伝えて直ぐに電話を切った。不自然な動きなんて全く無かった。それから2、3日が過ぎて何の気なしにいつものように仕事終わりに電話をした。ところが幾ら電話をしても繋がらない。とにかく繋がらない。携帯電話に掛けても出ない。心配になって自宅へ伺うもピンポンを鳴らしてたところで家にいる気配がない。これは緊急事態であるかもしれなかったので、県外の実家へも連絡。いずれも不在。とにかく心配で仕方が無かった。ただそうは言っても明日のお客様がおられる。お客様の保護を最優先に考える必要があったのだ。起きてしまっているコトは事実。全てを包み隠さず正直に、真っ正面にキチンと頭を下げ、説明させて頂くなくてはならない。よしヤルぞ!!、スタッフ総動員で駆けずり回った。

お叱り賜り辞められる方もおられた。そりゃそうだ。当たり前のことである。全てのお気持ちを真摯に受け止めながら、誠実に事情を説明させて頂きながら1件、1件回らせて頂いた。留守であらば連絡をし、アポを取り付けお伺いさせて頂く。連日連夜その繰り返しであった。スタッフみんなには本当に感謝している。辛かったに違いない。でも一番、辛い状況なのはお客様だ。それを言葉では表現せずともスタッフ皆がヒシヒシと感じ、黙って今ヤルでき事に頑張った。そうこうしていく内に不穏な動きや辻褄の合わない工作が浮き彫りになってきた。1本のツルを引っこ抜けば出てくる出てくる隠し事、さらに故意的に報告しなかった事や有耶無耶にし放置していた事ばかりなのだ。説明をつけるべくして一連の行動を分析し、そして1つの結論に達した。計画的に何もかもをスッポカして逃げたのだ。あの時あの夜の会食は何だったのか?!、前の日に意気揚々と皆でワイワイしたあの時間は何だったのか?!、1分1秒が1時間と思えてしまう程、悔しくてたまらなかった。

全てのトラブルも一様に完了したり、未然に防ぎつつ状況は、時間と共に徐々に落ち着いていった。ただ私の心は一向に落ち着く気配が無い。いろんな事が有り過ぎて、訳が分からない状態が続いていた。信用していたのに、、、。裏切られた気持ち、とは正にこの事だろう。頭の中で何かがグルグル回っている。私達も反省すべき点はたくさんあったに違いないが、裏切ったり騙したり隠したり放置したり逃げたり、してはならないはずだ。世の中がそんな事を許すはずも無い。そんな変な心境の中、悶々としながらも決心したことがあった。お客様皆様方の為に、スタッフみんなの為に、そして、マネージャー山田圭介の為に、私がヤルべき事を絶対にやる必要がある。良い人材を確保する、という大変さを身を以て知った失態だった。