トツゲキ人生「漸進」

トツゲキ人生・シーズン3

気持ちを引き締めて仕事に没頭すること2週間。ついに仕事納めの日がやってきた。朝から緊張感を以て、仕事をこなしていたこともあり、終始難なく納めることが出来たのだ。年内最後のお客様を滞り無く完了し、ホッ!、とした気持ちであった。足早に帰路を急ぐことも無く、平常心を保ったままいつも通り家路に向かう。自宅に到着しても普段通りの後片付け。仕事納めだ~ヤッター!!、というよりも、新年早々の気合い十分だ~よしヤルぞ~!!、という方が強かった。我ながら、嵐の前の静けさ、であったに違いない。とにかく、とても落ち着いた状況だったのだ。そして次の日いよいよ漸進会当日がやってきた。とりあえず第一回ともなる漸進会20121229。マネージャーだけ、で集まることにした。場所はオフィス近くの、三田屋本店、というところ。オフィスから目と鼻の先である。ちなみに本日は、一次会、二次会という予定になっている。正しく最高に楽しい時間の始まりだ。昨年の大吹雪、マネージャー山田との温泉で交わした有言実行を果たすことが出来たのだから無理も無い。何ともいえない喜びが沸々と込み上げていた。

夕方も5時30分頃になり現地に続々と集まってくる精鋭部隊達。みんな初めての事、初めての場所で何処と無く緊張した面持ちながも一次会の幕が開いた。料理等は既に予約を済ませていたので後は楽チン。ドリンクを注文して、いきなり乾杯。もちろん私は運転しないといけないので、冷たいお茶オンリーだ。それから少しずつ料理が運ばれて来て、みんな終始無言で舌鼓を打つ。最初のうちは緊張した感じであったが食事も進みながら、たわいも無い話に花が咲き、緊張感は自然と程よく解れていった。普段の仕事の話、互いの趣味の話、プライベートな話、等々とにかくオモシロい話に花が咲き乱れた。会食の最中、私はスタッフ同士の会食がこんなに大切なものなのか、とつくづく思った。仕事の潤滑油、というのはこういう事を示すのだろう。良い機会に伴って良い勉強になった。無事に食事会も終わり、夜がだんだんと更けてきつつあったので、女性スタッフを駅まで送り、一次会が解散となった。

次なる二次会にはオッサン連中だけでワイワイやることになった。目指すその先は熊野の郷。知る人ぞ知るオフィス近くの日帰り温泉である。男同士の裸の付き合い、というのは何だか良いもので湯けむりの狭間に飛び交う議論が、普段とは異なる言葉では何とも言えない爽快さを増していた。来年にヤリたい事業、今の仕事で思っているコト、今後の受験塾家庭教師の展開等々、恐らく2時間ぐらいは、あぁ~でもない!、こぉ~でもない!、と語り合っていただろう。美味いもん食った後にひとっ風呂浴びる。本当に最高の一時だった。逆上せない程度だったとは言え、さすがに2時間も風呂ってるとお腹の具合がリセットされる。そんなこんなで湯上がり後、みんな小腹も空いたことだし、いつもお世話になっている、旨いラーメンゆうや、でハメを外すことにした。ゆうやさん!コンバンハ~年内最後です~!、といった具合にご挨拶。30歳を超えてるにも関わらず学生張りのハシャギようだったに違いない。ラーメン食べながらウダウダ喋ったり、トランプしたりと気が付けば、また1、2時間が過ぎていた。さすがに時計も深夜12時を回っていたので、お店を退散と同時に二次会も終了。恐らく普段では見せる事の無い顔をスタッフ皆に見せてたに違いない。漸進会はその名の通り、漸進会、となった。成功成長を果たすべく、これからも続けていく必要は十分にある。

洗車

『とにかく洗う!!』

シュアラスター・カーシャンプー

『とにかく粘土!!』

クリスタルガード・パワークレイ

『とにかく修復!!』

ミクロンコンパウンド

『とにかく磨く!!』

ザイモール・カーボン

『とにかく拭く!!』

マイクロファイバークロス

office教材リスト

受験塾家庭教師では、教材費を無料、としているのはご存知の通りだろう。

会社が教材を購入ならびに調達し、各ご家庭ならび各スタッフが活用する。

だからこそ、無料、に出来るのだ。こんなカラクリなんて誰だって出来る。

今更だが昨今、社内の教材リストをアップしようぜ!、という動きがある。

そんな訳で受験塾家庭教師スタッフは随時、リストアップを対処願います。

クラウドに、教材リスト、を入れておくので該当箇所を書き込んで下さい。

作成期日としてはとりあえず、2013・06/30、を目処と致します。

トツゲキ人生「恒例」

トツゲキ人生・シーズン3

お年賀の撮影当日がやってきた。会社お年賀の撮影被写体を車に載っけて、家族総出で朝から意気揚々、いつもの如くコンビニで朝ご飯買い込み、あぁ~でもない!、こぉ~でもない!、とワイワイ言いながらismへ向かう道中を思いっきり楽しむ。よくよく考えると我が家が何かをする折、必ず、と言って良い程みんなが自然と一致団結しているようだ。車45分を経て現地到着。明るい表情で向かい入れてくれるのは、さすがにismらしい。

特殊部隊1号2号は小学生なので事態を何となく飲み込めているようだ。テンションが最高に上がっている。ただ3号は幼稚園児という事もあって、まだ少しよく分かっていないでいるのがオモシロい。右往左往と人見知りを打っ込んでいる。積んでいた被写体(会社お年賀)を全て手渡し、それと同時ぐらいに、我が子達の撮影も2階で始まった。ワヒャヒャ!、ワヒャヒャ!、といきなり笑い声が聞こえてくる。さすがはプロだ。親、と言う存在が撮影の邪魔(緊張)になってもいけないので終始1階で待機。後は全て石田氏に委ねることにした。餅は餅屋、というからだ。任せるなら全て任せて、後は如何なる結果も受け入れるだけで良い。そうすることで自分が思い描いていた以上に最高の仕上がりを導いてくれるからだ。これは自分が今までやってきた仕事を通して学んできたことである。

撮影も無事に完了したので小一時間程度、お昼ご飯を食べる序でに姫路界隈を散歩することになった。みゆき通りの脇通りにあるボルカノか、京口にある長浜ラーメンか、少し遠出なら土山の葡萄屋か、と懐かしいお店ばかりが頭の中を巡る。またスグに戻ってこなければならない事を考えると、わざわざ車を出すのも面倒だったので、敢え無くボルカノに決定した。その帰りにヤマトヤシキ出入り口にある御座候に立ち寄ることが出来るので満場一致で可決。みゆき通りをトボトボ南下、お目当てのボルカノではパスタを大盛りで美味り、そして御座候では白5赤10を購入しつつアイスクリームで満腹を落ち着ける。やはり家族で楽しい事をやっていると小一時間なんてアッと言う間だった。何気にボルカノでの正解を噛み締めて、再びお店へ戻ってきた。

お店の中では多くのお客様が撮影後、編集前の画像選択に熱っぽくなっていた。それを余所目に我が家は直感で選ぶ。パッパ、パッパと選択し、最終的に欲しい画像を絞り込む。だいたい10分も掛からなかったぐらいだろう。もちろん、お年賀で使用する以外の撮影画像も貰い受けることにしたのは、言うまでもない事だ。全ての手順が終わり、「今日はアリガトウございました。また来年も宜しくお願いします!」、と感謝の気持ちを添えてご挨拶し、ismと姫路を後にしました。帰りの道中では、皆さすがに疲れていたのか、後部座席と助手席では爆睡。それを横目に安全運転を心掛けながら帰路に就く。とてもほのぼのした一日を過ごすことができ、良いリフレッシュとなった。我が家にとっても自分自身にとっても、良い刺激となったわけだ。ましてや時間の流れを整えて下さるこの機会は、我が家の毎年恒例行事になるのを確実にした。

それから1週間程度の時間が経ち、待ちに待ったお年賀が届いた。封を開けて第一声、おおぉぉぉ~~~~ッ!!、という声になって感動が迸った。さすがは石田氏である。思っていた以上の完成度を届けて下さる。だからこそ、このイベントを毎年恒例と決め込んだのだろう。我が家にとっても会社にとっても、決して無くてはならない存在だ。小さかった長女がこんなにも大きくなっているのに、ハッ!、と気付くことが出来る年に一度のキッカケ。後何年こんな気持ちになれるのか、を考えると無性に感慨深い境地に立つ。また年末に気を引き締める良い機会点でもある。

打合書、提案書、契約書、報告書、宿題帳

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

打合書・・・60分進学相談は、5分のご説明、55分のご相談、を行います!!

提案書・・・原則即翌対応により、お客様のスグに知りたい!、を実現します!!

契約書・・・安心安全安定という3拍子が隅々にまで整った環境で約束します!!

報告書・・・800字から1200字程度の内容を毎月20日にお届けします!!

宿題帳・・・計画性と効率性と学力バランスを考慮にいれた戦略を構築します!!

= = = = = = = = = = 宿題帳 = = = = = = = = = =

【数学ⅡB】 * 以下の内容は6日間の宿題です。

合計78問・・・13問/day

① センター過去問ⅡB (微積)9問

1997第二問 1998第二問 1999第二問

2000第二問 2001第二問 2002第二問

2003第二問 2004第二問 2005第二問

② 4step(微積)11問

385 386 405 444 452

455 456 457 458 462

463

③ 4step(指数対数)17問

310 317 330 331 332

333 334 335 336 337

338 339 340 341 342

343 344

④ センター過去問ⅠA(数列)9問

1997第三問 1998第三問 1999第三問

2000第三問 2001第三問 2002第三問

2003第三問 2004第三問 2005第三問

⑤ 4step(数列)10問

228 229 230 231 232

233 220 221 225 227

⑥ センター過去問ⅡB(指数対数)9問

1997第一問[2] 1998第一問[1] 1999第一問[2]

2000第一問[1] 2001第一問[2] 2002第一問[2]

2003第一問[2] 2004第一問[1] 2005第一問[2]

⑦ 4step(ベクトル)13問

36 38 39 42 43

44 45 46 47 48

49 50 52

2013年 夏の推せん児童図書

( ^○^)<我が家は、Amazon、で購入していますッ!!)

======================================

【1.2年生向け】

[01]きょうりゅう かぶしきがいしゃ

[02]ともだちは なきむしなこいぬ

[03]たかこ

[04]新・ざわざわ森のがんこちゃん がんこちゃんはアイドル

[05]どんぐりむらのぱんやさん

[06]特急おべんとう号

[07]アニメ絵本 映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん!

[08]かわいそうな ぞう

[09]なぞなぞおめでとう

[10]ちか100かいだてのいえ

【3.4年生向け】

[11]XX・ホームズ探偵ノート いなくなったプリンセス

[12]目の見えない犬ダン

[13]ルルとララのきらきらゼリー

[14]アニメDVD付き 黒魔女さんが通る!!

[15]ナツカのおばけ事件簿 とりつかれたバレリーナ

[16]亡霊レストラン生まれ変わりレストラン

[17]れっつ!スイミング

[18]子ぎつねヘレンがのこしたもの

【5.6年生向け】

[19]現代語で読む 坊ちゃん

[20]シノダ! 樹のことばと石の封印

[21]100グラムのいのち

[22]劇場版 イナズマイレブンGOvsダンボール戦記W 上

[23]甲子園がくれた命

[24]ラブレター物語

[25]怪盗ブラックの宝物

[26]夕焼けカプセル

【学年共通】

[27]不思議!!都市伝説 ④トパーズの巻

[28]ダヤンのめいろ

[29]ひらめきクイズ学校

[30]トリックアートたからさがし

[31]ナゾときクイズ 学校の事件簿4

[32]こびと観察入門①

[33]ダーウィンが来た! 動物たちのスゴ技ベスト50

[34]ポケモンくらべる図鑑/ポケモン 最強だじゃれクラブ

トツゲキ人生「年末」

トツゲキ人生・シーズン3

先生方、お取引様へのご挨拶も一様に完了した。何だか今年は昨年とはまた違った気持ちのスッキリ感を得ることが出来たように思う。ただ、そうは言っても、師走。退っ引きならない事が次々に起きる時期であるコトを念頭に日々、闘ってゆかねばならないのは間違いない。油断は禁物である。フワフワした気持ちに成りがちで有るからこそ、落ち着いて平常心を保ち、気を引き締める必要があるのだ。そんな矢先に数々の小さなトラブルが引き起きた。長年愛用し続けてきたPCがいよいよ壊れる予兆を発起したのだ。如何せん良からぬ気配を感じたので、予備の為に新しいPCを注文。会社的には九死に一生を得たのは良かった。けれども、さらなる次のシーンでは仕事でドタバタと立て込んでいたコトもあり急ぐは焦るはで、何かの拍子に車を凹ませるという惨事に見舞われた。そして挙げ句の果てには、スタッフからも良からぬ一報。不注意で自分の車バッテリーをお客様のお宅で没らせた、というものだった。お客様に直接的なご迷惑をお掛けすることも無く、何よりもスタッフ自身に一大事がなくて良かった。PCには修理の必要が出る!、自分ところの車を凹ませる!、バッテリーが没る!、で何かと余分な物入りが重なったこともあり若干、気分も凹み気味であった。気を引き締めるぞ!、と言うはみたものの実際には、引き締まっていない、ことを実感し反省した。やはり、そう考えると何だか妙に落ち着きを取り戻すことができ、前々から考えていた名案が正にこんな時にも関わらず思い浮かんだ。

みんな師走ともなると、やはり気持ちが浮つくものなのだ。そんな浮ついた気持ちを少しでも引き締めるべく、年末年始に向け士気を高める為に何かオモシロい事をやることにした。これが、漸進会、の始まりである。善は急げとばかりに会食場所を予約。オフィス近所に、三田屋本店、という落ち着いて食事を楽しみながら会話の出来るところがあるのは幸いだ。「第一回」というコトなので、マネージャーだけ、をとりあえず集めて開催することにした。それに伴って該当スタッフ皆に周知させるべく詳細メッセージを一斉送信。返信からは、喜びの声、を感じた。そして次の日、水を得た魚のように私を含めて皆がテキパキと仕事をすることが出来るようになっていた。楽しい!、というエッセンスが年末年始に催されるからに違いない。こんなちょっとした機会から、福利厚生の大切さ、を学ぶことが出来た。スタッフ皆が充足感を得て日々、成功成長に邁進する為には多少なりとも潤滑油は必要なのだ。これは良い気付きである。

一昨年よりも昨年、昨年よりも今年、今年よりも来年へと少しずつ会社の環境が良くなってきている中、今年もいよいよ年の瀬に差し掛かってきて、翌年のご予約を受け付けたり、年内の対策を段取りしたり、と大忙しだ。そんな中でも毎年恒例ともなろうとする我が社的、我が家的なイベントを忘れてはならない。それは、お年賀の作成だ。仕事というよりも趣味の一環という傾向が強い。会社向けに作成する作品としては、クリアーホワイトを基調として私自身が元ネタを毎年この時期までに徹底的に練り上がる。そして、そのイメージをカタチにして頂く為、一言二言だけ伝えて後は(株)石田フォトスタジオの石田氏に全てお任せしている。次に我が家向けに作成している作品としては、我が家の特殊部隊を被写体として、後は同じように全て石田氏に自由気ままに撮影頂いている。今年はどんな撮影になるかな、という期待感満々で週末ギリギリに予約を取り付けることが出来た。地元姫路へのちょっとしたドライブ。少し違った角度で姫路を感じ、美味いもん食ってオモシロい事やって、年末のハラハラした気持ちを落ち着けることにした。