トツゲキ人生「設定」

工事担当者からもらった一言が、すこぶる十分に役立った。後は自分がやんないといけないのだが、ただ幸いにしてNTTとプロバイダからもらったサービスマニュアルを片手にあぁ〜でもない、こぉ〜でもない、という感じで四苦八苦しながらも取り組んでみた。大きく構えてみたものの、ちょっとズッコケた感じだったが思いの他、単純に作業を終えることが出来た。マニュアルって本当に素晴らしい。指示通りにステップアップしていけば上手い具合にいくのだから安心、と思って再び繋げてみようとしてクリック。予想は思惑の範疇を捉えており、ナゼか不思議と繋がらない。何が意地悪をしているのかサッパリ分からない。少なくとも繋げようとしている人間に難有りなのは間違いない。とりあえずヘルプとマニュアルを徹底的に見比べながら活用して何とか手動で挑戦してみた。自動でお手軽、というよりもヤッパリ、手動で1つ1つ、の方がどちらかというと個人的には好きだ。1つ1つメモに取りながらトライ&エラーを繰り返しながら行ったり来たりしてみた。これで恐らく出来ただろう、と思って再々度挑戦してみた。ふぅ〜〜〜ッ、となりながらも作業完了の達成感をそこそこに早速、クリック。次の瞬間・・・うわぁ===っ!?これや☆、という安堵感。やっとインターネットに繋げることが出来たのだ。繋げるだけでこんなにヘトヘトになるのか、とメモっておいた全ての作業を手元のファイルに保存して一先ず肩の荷を下ろすことが出来た。

インターネットって楽しいなぁ〜〜〜ッ!!!

次はメールを使いたい。よしッアカウントの設定に挑戦しよう。ところがどっこい、メールアカウントの設定をするにしてもバージョンやらOSやら、とコレまたサッパリ分からない言葉が飛び交う。けれども本質的な設定は恐らく同じだろうと考えて、それぞれのマニュアルに共通している要素をメモやガムテに書き綴ってみた。アカウント、ユーザー、パスワード、pop、smtp等それぞれに入力する必要があるようだ。ワードの中にはSSL!?、なんじゃそりゃ!?、というような不思議な3文字もあり、高度な設定というコトなので見ない振りを決め込んで、とにかくメールのヤリトリが出来るところまで辿り着くことを目指して取り組んだ。パソコン関係においては専らサッパリを突き通している者からすると余裕なんてあったもんじゃない。常に頭はパンパン状態で1つ1つこなしていくしかない。もうこれ以上、誰にも迷惑を掛けることも出来なかったので、徹底的にネット上でヒントを探しまくった。まぁ〜〜〜でも今やっている技術が身に付けば、ヒョンとした時にでも自分自身で解決出来るようになるので一石二鳥だ。もうそう考えないと挫けてしまいそうになる。こんなんが得意だったらパパッと出来るんだろうな!?、と絵に描いたような希望を抱きながら、ひたすらパソコンに向かう。既に深夜を越えてピーチクパーチクと小鳥がツイートしていた。気が付けば朝。自作で作ったトラブルシューティングも何とか全て潰し終わって、メールの送受信に大成功。メールアカウントを設定するだけで大凡6時間程度も要した。設定出来ないアカウントはない、と言えるぐらい隅々まで勉強しまくった。けれどもこれで当初抱いていた希望も現実のモノとなった。ようやくネットワークにも繋げることが出来たし、メールの送受信も出来る環境が整った。パソコンは本当に設定との闘いだ。

これでだいたい準備も整ったので前々から気になっていたコトをやってみようと思う。それはネットショッピングだ。インターネットを利用して何か買う何か売る、というプロセスをそれぞれ学びたかった。その為にとことん検索をしてみた。いろんなホームページもとことん見てみた。そうこうしているウチに1つの疑問に気付いた。とは言っても結構、早い段階で気が付いたのは言うまでもない。頭が回転しまくっているとそんなモンだろう。<つづく>

受験塾家庭教師メルマガ

『受験塾家庭教師メルマガ』体力の限界まで受付続行ッ!!お役立ち情報や受験情報、ご予約状況等を毎週金曜日に配信。

(1.無料配信メルマガの登録方法>>>お手持ちのモバイル携帯やスマートフォンで、次の宛先にて空メールを送信下さい。)nawadan@jyukenjyuku.jp

(2.無料配信メルマガの解除方法>>>お手持ちのモバイル携帯やスマートフォンで、次の宛先にて空メールを送信下さい。)cancel_nawadan@jyukenjyuku.jp

========================================

2011・10/07

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:お祭り。/希望への道

(1.希望への道)今週末から再来週に掛けてお祭りムード満載。通行止めや交通渋滞に見舞われる可能性大。車通りも人通りも増えるので注意が必要。同時期にして各大学ならびに各小学校の合格発表が重なるので油断出来ません。夏は熱中症、冬はインフルエンザ、体調管理にも十分に気を張って如何なる状況にもスタンバイ。

(2.おいしい話)高専と県教の試験は高専の方が難しくない。高専と姫路西なら、どっち?私なら将来性の近い方に進学します。高専と北摂三田なら、どっち?私なら将来性の近い方に進学します。姫路西と北摂三田なら、どっち?私なら将来性の近い方に進学します。自分の信念に一貫性があれば世間体なんて気になりません。

(3.受験塾情報)受験塾家庭教師の弁護士さんとして弁護士法人渡邉・和氣・兵頭法律事務所様との顧問依頼を成立。これでコンプライアンス経営の準備が整いました。グイグイいきます。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・10/14

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:ど真ん中。/希望への道

(1.希望への道)オフィス姫路ではお祭りエリアど真ん中。その為13、14、15は交通規制や渋滞との闘いだったりします。播磨地域ならではの嬉しい課題です。そんな真っ最中に小学受験の合格発表や各大学のAO入試の合格発表が実施。YESorNOといった様々な局面が網羅。要するにめちゃくちゃ忙しい状況です。

(2.おいしい話)小学受験をお考えの方々は、説明会という名の面談、に必ず参加されるべき。子供の学力向上に力を入れるより当たり前のことを当たり前のように子供らしく実践出来るコトが合格の秘訣。習慣性と好奇心を宿したご家族は自然と愛情が輝いているもの。東大や京大、灘や甲陽に合格させる方がよっぽど楽チン。

(3.受験塾情報)ポートアイランド設置済みのオフィス神戸を神戸市垂水区へ移転予定。お客様のご要望がとてつもなく多かった為です。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・10/21

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:涼しい熱さ。/希望への道

(1.希望への道)小学受験初等や大学受験AOでは、YESオアNOの様々な乱立ドラマ。YESでは身体が震え上がる程の歓喜。さらに補欠合格を果たしての返り咲きも。NOでは震災の影響による予想外の動向。一方でYES、一方でNOという複雑な事態を同時に得たり。評定平均値コンマ1の重さを経験した瞬間が存在。

(2.おいしい話)志望動機対策ではマネジメント、テクニック、アプローチという3種の神器を教授。制作内容を最大4カテゴリに分けて各カテゴリ内をブラッシュアップ。全てのカテゴリ内が仕上がれば順序と表現ニュアンス、アプローチ方法を決める。仕上げ作業では繋ぎ止める為のオモシロいスキームを注入し一様に完成。

(3.受験塾情報)只今、業務拡張中!!各チームにおける準プロ講師は全て満員。近日中には3名の優秀なスタッフを面接予定。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・10/28

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:読書。/希望への道

(1.希望への道)読書の秋。読むのも書くのも清々しい。伝説のトランク(ルイヴィトン)、スティーブジョブズ(ウォルターアイザックソン)、日本青年革命(糸山英太郎)、これらを一気に読むに徹してテンション上げる。次いで書くに徹して書き綴る。最近、受験塾家庭教師の発足までの波瀾万丈をペンに走らせています。

(2.おいしい話)NY在住頃、英語そのもので苦労したコトはない。不器用だし片言だったので苦労したのは周囲なはずだ。アイデアを生むことには苦労した。英語を勉強として捉えるよりも英語を文化として捉えて勉強すれば思ったよりもスムーズにいく。自然と覚えるモノは覚えられるので自然と身に付く力に任せてみよう。

(3.受験塾情報)2012年1月度からは大きな変革。家庭教師を正社員にして将来性を宿すと子供達の安全安心に必ず繋がります!!

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・11/04

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:好転。/希望への道

(1.希望への道)高校生、中学生の学生諸君はそろそろ期末考査の試験勉強を始めてもらいたい。実は最近ちょっとしたイタズラを試みている。試験開始日を予定よりも1週間早めた状態として勉強させているのだ。仮定した試験日が来たら学校の問題集を利用して実際に試験を実施。その内容を以後一週間で反省勉強に徹する。

(2.おいしい話)医学部受験への対策。前期個別では鳥取、徳島、信州、山梨、島根、福井、東北、奈良県立医科これら8つの大学に絞り込むのがオススメ。個別後期では小論文+αのノウハウを惜し気も無く適用。14日間をリミットとして完成の一途に繋げる。面接対策はオープンキャンパスを経た半年掛かりで練り上げる。

(3.受験塾情報)和田成博facebook、受験塾家庭教師facebook、それぞれのアカウントを設置完了。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・11/11

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:晴れ時々寒い。/希望への道

(1.希望への道)三田と比べて神戸や姫路で寒暖の差を感じます。体調管理には十分配慮しないといけません。インフルエンザとの闘いも幕を開けつつあるようで予防接種をしていても掛かるものは掛かります。昨年、一昨年に身を以て知りました。それからは手洗いウガイをシッカリ行って体を温めて睡眠を十分とっています。

(2.おいしい話)いろんな学習塾といろんな家庭教師を当たり前のようにツマミ食いされている方々が世の中にはとても多く存在しています。メリットは十分にあるのですがデメリットの方が遥かに大きいことに気付いていない。大学受験は中学受験のように簡単ではありません。学力向上以前に学力把握をオススメしています。

(3.受験塾情報)只今、税務調査中。善くも悪くも世の中に影響を与えているんだな、と実感している次第ですが時期も重なり多忙な日々。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・11/18

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:充実した受験。/希望への道

(1.希望への道)サバイバル1等賞をようやく書き上げて充実感に浸っている。珍しくも何だかとても清々しい気持ち。大学受験生と小学受験生ではいろいろな意味でとても気持ちの良い状況に繋がった。1つ1つの受験に感動と涙があったからなのは間違いない。今年の受験は昨年の受験とは遥かに一味違うものになっている。

(2.おいしい話)読解力は本を読むだけでは身に付き難いです。より身に付ける入口としては、文章を書く、ということに徹するのが一番手っ取り早いだろう。文章を書くにはやるべき必要な事がたくさん存在するからだ。情報を仕入れて内容を創造する、という一連のプロセスが1つになり初めて読解力は身に付く事に繋がる。

(3.受験塾情報)本日よりご新規様ならびにご予約様の受付開始*2012年1月度ないしは2月度より学習指導スタート可能。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・11/25

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:暮れ。/希望への道

(1.希望への道)ハッと気が付けば既に年末。今年も残すところ後1ケ月程度だ。心のカウントダウンは週刻みでスタート。残すところ後5週間。心身ともに今のところ順調なので、このまま体調を安定させて来年度以降のご予約様を御迎えせねばならない。そうそう来年元旦もヤリます!!限定12名の元旦ご予約エントリー☆

(2.おいしい話)年末年始、受験生にこんなご褒美を与えたりします。12/31と01/01の2日間だけは勉強なんてせずに何にもしない2日間を徹底的に好きなように過ごしなさい、と告げて最後の授業を終えている。その時ばかりは彼等による私に対するイメージが悪魔から天使へと変化し、同時に気持ちも盛り上がる。

(3.受験塾情報)年末年始2011年12月29日から2012年01月03日まではお休みを頂いております。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・12/02

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:紅葉。/希望への道

(1.希望への道)大学の推薦入試受験生も波乱に満ちた入試をほぼ終えた。いよいよセンター試験や中学入試も残すところ40日程度となっている。とは言っても極端に寒くもなく普段のポカポカした陽気が不思議と12月であるコトを忘れさせてくれる。ここまで来れば体調不良には是非とも十分に気をつけて頂きたいものだ。

(2.おいしい話)まずは新年のご挨拶にて2012年度の大々的な変革が幕を開けます。様々なオペレーションは優秀な精鋭部隊と弁護士や税理士の先生に一任し、組織内の仕組み創りは私1人が手掛けている。その為、近日12月中には精鋭部隊3名をスタンバイ。来年度1月に向けてご予約様への対応の準備に奮闘している。

(3.受験塾情報)ご予約状況は既に20名を超えておりますので近日中には年内受付を終了する可能性があります。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・12/09

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:大きな成長。/希望への道

(1.希望への道)「期末テストを自力で挑戦しました。不安でした。テストの結果が出たら、またもう一度先生にお願いしようと決心していました。」「もう一度先生と一緒に頑張りたいです。」「私とヤルならば、めちゃくちゃ死ぬ気でヤルべきやぞ!!」「恐れていては何も変わらないから体当たりで一歩を踏み出します。」

(2.おいしい話)国公立個別前期の数学3。ログとイーが絡んだ面積体積を絶対理解せよ。そこで1回転させる問題に必要なテーマが逆関数なのだ。単に練習問題を解き崩す方法では時間が掛かり過ぎるので、教科書のみを参考に知識を補充しながら進める方が近道だ。部分積分の処理はテクニックよりも地道な方法が一番早い。

(3.受験塾情報)年賀状イメージを本気で準備完了。フォトスタジオのスタッフさんがテンパるぐらいクールです!!

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・12/16

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:後2週間。/希望への道

(1.希望への道)12月も中旬を超えまして世間ではクリスマス一色。受験塾家庭教師では受験シーズン真っ只中。多くのお客様のオカゲで大変忙しくさせて頂いております。年内受付も既に終了し来年度ご予約様の段取りも一様に整えさせて頂いた次第です。口コミ広がり一切無しを考えると本当に有り難い次第でございます。

(2.おいしい話)タイミングを逃したら絶対に負け。どんなに力があっても、どんなに資格をもっていても、どんなに進学率が高くても、逃した瞬間に全て水の泡となって何もかも音を立てずに消えていきます。後に残るのは悔いの気持ちと大袈裟な言い訳。ここぞ、と言う時にこそ全身全霊にぶつかり戦陣突破しかありません。

(3.受験塾情報)本日付けで年内お客様の受付は終了致しました。なお2012年1月度ご予約様の受付は随時行っております。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・12/23

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:ホワイト。/希望への道

(1.希望への道)明日、明後日はクリスマス。サンタクロースさんはフィンランドに住んでいて昔はトナカイと雪車でやってきてたんだが、最近ではトナカイを相方にしてジェット機で飛んできて後はパラシュート。スマートフォン片手にグーグルマップを駆使してプレゼントを持ってきてくれるよ、と我が家では教えています。

(2.おいしい話)いよいよミスを起こさない為の勉強を始めるタイミングがやってきました。大学、高校、中学への各受験生諸君には是非とも挑戦して頂きたい。徹底的に反復練習を行うことで言葉では言い表せない感性を磨きましょう。最低4、5回程度の没頭とオリジナル問題での帳尻を合わせて満点確保に繋げて頂きたい。

(3.受験塾情報)年末年始オヤスミ期間は、2011年12月29日から2012年01月03日まで。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

2011・12/30

宛名:受験塾家庭教師メルマガ
件名:晦日。/希望への道

(1.希望への道)今年も後残すところ1日となりました。2011年も受験塾家庭教師は多くのお客様皆様方に大変お世話になり、心温まるお心遣いやお気遣いには感謝感激感無量でございます。来年は今年よりも一層精進してまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。今後も数多くの叱咤激励を真摯に賜らせて頂きます。

(2.おいしい話)この効果は見逃せない。大晦日と元旦だけはどんな受講生でも休みを与える。試験当日のミスを抑制する為にモチベーションを維持させる。12月中旬から翌年1月中旬の1ケ月間なんて大人でも緊張はもたない。けれども2週間ぐらいならシッカリと緊張感は定着。ダラダラしないで情緒安定させるのが一番。

(3.受験塾情報)受験塾家庭教師を法人化に向けて多くのお客様の想像を遥かに越える意外性が存在しています。

☆毎日ブログ更新中☆http://www.jyukenjyuku.jp/blog/

========================================

トツゲキ人生「接続」

故障した部品の交換を終えて意気揚々と自宅へ戻って早速、パソコンに電源を入れる。すると、どうでしょう。聞き慣れない起動音。久方ぶりな起動音。これがパソコンなのか!?、うぉ〜〜〜っ何だか凄いなぁ〜〜〜っ、と目がパチパチするぐらい感動した。ところがどっこい起動させたもののさすがに何のこっちゃ訳が分からない。学生時代は論文を手書きで書いていたのだから無理もない。パソコンを使っている同級生を横目に知らんぷりを決め込んでいたが、もう逃げられない。ヤルしかないのだ。とりあえずインターネットというモノを使ってみたい。でも何だか足らない気がする。なんじゃ?、何か違う、、、とりあえずサッパリ分からなかったので妻に聞いてみた。恐ろしいまでに私よりもよく知っていた。昔はドスブイを使って仕事をしていたから、ってオイッ!!そんな大切なことは早く言ってくれんとアカンわ、と心の奥底で妻には決して聞こえないように叫んでいた。さすがに妻という生き物には10年以上過ぎる今もビビッている。とにかくインターネットをするには電話回線やらプロバイダとやらに何かをして何かをせなアカンようだ。ああぁぁぁ〜〜〜もうぅ〜〜〜その何かって何!?、そんな気持ちで悶々としていた。挙げ句の果てにキーボードすらマウスすら無い。別に知らなかった訳ではないが、単にそれどころでは無かっただけなのだ。

ここまで来たら諦める訳にはいかんので、とにかく例の親切極まりないNTTタウンページの担当者へ連絡した。鉄の心は20代前半でも健在だ。まったくもって何のことやら、と言わないばかりの対応だ。にも関わらず、回線のことは116に電話して相談してみて下さい、というアドバイス?をもらうことが出来た。その途端、瞬時に電話が切れたのでスグに116に電話した。116の担当者さんはとてつもなく親切だった。ちなみに電話のサービスとタウンページのサービスを提供している会社はそれぞれ別の会社であることを初めて知った。世間知らずのまま次のステップへ移った。ニフティというところへ連絡すれば良い、という情報を得たので早速、電話帳で調べてみたが掲載していない。ううぅ〜〜〜ん、困った。止む無くコンビニへ走った。ニフティが売っている期待をしていた訳ではない。コンビニのお兄ちゃんというのは大概が若いアルバイト。ニフティに繋がる何かを知っていると思ったので飛び込んだ。当てはピンポイントに的中。アプライドへ行けば多分ありますよ、という最強の情報を手に入れたので場所を聞いて即飛びした。パソコン機器ばっかり置いてある電気屋さんみたいな大きいところがあるなんて知らなかった。情報を足で稼ぐ習慣は既にこの時ばかりには身に付いていたようだ。

姫路東から姫路南へ直行!!アプライドをロックオン。やっとのことで辿り着いた。店内に入ってさらに驚いた。全部が全部、パソコン機器なのだ。こんなに大きいところがあるなんて驚きだ。そこで目を引いたのがジャンク品。粗大ゴミよりはマシだろう。ガサガサとガサツに漁っては物色。キーボードとマウスを数百円単位で手に入れた。よし一先ずこれでオッケーだ。次に一番の目的でもあったニフティについて情報を集めることにした。ショップの店員さんに聞いてみようと思ったのだが、そこはさすがにコレまでの経験が活かされている。一先ず話を聞いてくれそうな人を目で追って大きな声でみんなに聞こえるように質問した。

すいません!!どうか教えて下さい。ニフティって何ですか?

比較的大きな声だったので迷惑には違いなかっただろう。けれどもこの手法が知るには一番効果的なのだ。人間は、分からない、という言葉を避ける修正がある。その修正の渦中に埋もれて時間をロスする訳もいかないのだ。一部のショップ店員さんはさすがにニヤニヤと笑っていた。しかし直接的に質問させて頂いた方は、すこぶる丁寧な方だった。ニフティへのエントリーシートをもらったうえに、モデムという物も必要になる、ということを教えてくれた。藁をも縋る思い、を掴んでくれたのだ。人の見る目を養うのは本当に大切なことだと心底、実感した日でもあった。物は変化しないが人は変化するものだ。

即行トンボ返りの末、再びNTTへ連絡した。ただし116の方だ。幸いにしてテンポ良く話が進んだので、また改めて担当者から連絡をします、ということなので夕方からの仕事に備えて仮眠をとろうとしたその瞬間。チリリリリィ〜〜〜ン、と電話がいきなり鳴った。突然の事に多少ドギマギしてしまったが、サッパリ分からないことばかりだ、という事をシッカリ伝えて工事の段取りを予約した。キャンペーン中って事もあったので安心した。加えて無料という言葉には滅法弱かった。そんな訳で申込成立。その成立要件をもってして電話をきってからスグにプロバイダへ連絡した。言われるがままに申込エントリーを済ませて何を話して何を申し込んだのか、ぜんぜん覚えていない。普段は記憶力抜群なのだが苦手な事となると確実に訳が分からなくなってしまう。ただこの時ばかりは、怒濤のような初めてばかり、が頭にフリーズを仕掛けたのだろう。

とりあえず工事日当日には開通出来るように手配が整った。思い返せば、粗大ゴミから拾ってきたボロいパソコンを修理して使えるようにした。そして数百円程度で手に入れたマウスとキーボードも準備が完了。回線工事も無料手配出来たうえにプロバイダ契約にも繋がった。これで大学時代に経験したインターネットの再来を自分の手中に収めることが出来たのだ。当時、パソコンを買うには15万も20万も必要だ、と言われていたパソコンを5000円にも満たない金額で手に入れることが出来た。それにも増して、多大な知識や人脈そして人の温もりを手に入れるコトも出来た。費用を節約出来た、という喜びよりも遥かに大きな喜びを感じた。この感覚を大切にしなければならい。今後、心底困っている人がいれば絶対に助けてやらんとアカンmという気持ちになった。何事も決め付けて行動に徹してはチャンスを見出せないまま本来成功出来た可能性の芽を摘んでしまう、ということを身を以て学んだ。

1ケ月後が過ぎて日差しも強くなってきた7月初旬。いよいよ回線工事の日がやってきた。夏も間近になっていたこともあり、既存のお客様より科目の追加や受験の準備による依頼、そしてお客様のご紹介を幸いにさせて頂いていた。ただ新規のお客様は半年以上も音沙汰が無い。何とか生きていくだけの最低限の生活が整っていたが、これで安心してはならない。単なる短期的な処置でしかないからだ。根本的な問題を解決するまでは決して甘んじてはならない。肝に銘じていた。ようやく工事も終わったので、工事の方に確認の為、少しだけ待ってもらうコトにした。パソコンの電源を入れていよいよ起動が開始。マウスも動くしキーボードも動く。そこでドサクサに紛れて、どうやればインターネットに繋がるんですかねぇ〜っ?、と尋ねてみた。その場の空気を察してくれたのか簡単に教えてもらえた。一先ず言われるがままにハラハラドキドキしながらインターネットエクスプローラーをクリックしてみた。

・・・何も映らない。

心身共に静かな衝撃が走った。いろいろなモノが頭の中でトライ&エラーを繰り返す。間髪入れずスグに工事担当者さんがアドバイスをくれた。それは、接続の設定をしないといけない、ということだ。正に目から鱗だ。知らないことのオンパレード。さすがにアナログ頭からするとコンセントを繋いでスイッチを押せば全部出来ると思ってしまっている。頭の中では既に次なる課題と闘う準備が出来ていた。負けてなるものか!?、という気持ちが芽生えた瞬間だ。<つづく>

2012元旦先行ご予約12名限定

>>2012元旦先行ご予約12名限定<<

2012・1/1・am00:00オープン

先着12名を限定としてご予約を承ります♬

満員次第に締め切りますのでご注意下さい*

学習指導開始は2月ないしは3月スタート☆

0円へのコダワリでは生粋のサービス満載◎

体験指導円・進学相談円・延長料金

交通費 円・教材費 円・管理費 

入会金 円・解約金 円・検定料 

払込費用円・手続費用円・講師交代

正社員だからこそ正真正銘の熟練した尽力※

医学科受験生や看護学科受験生でも対応OK

赤点だろうと部活動が忙しかろうと対応OK

中高一貫の私立中学校高等学校でも対応OK

高校受験生や中学受験生のサポート対応OK

浪人生も社会人も臨機応変な提案で対応OK

兵庫県南部ほぼ全域+大阪府の一部地域拡大

>大阪市・豊中市・池田市・箕面市・豊能郡

>高槻市・吹田市・茨木市・摂津市・三島郡

トツゲキ人生「解明」

、、、とは言っても家庭教師を一人ぼっちで始めた時からパソコンという代物を持っているはずがない。仮にもし手元にあっても節約をしなくちゃいけなかった背景の折にバイバイ対象(売買?)となっていたのは言うまでもない。とりあえずドコに行けばパソコンはあるのか!?、それすらサッパリだ。昔っから金のお掛かるモノや複雑なモノからは心身共に遠ざかっていた。最強に機械オンチだったからだ。VHS?、VHF?、よくは分からないがビデオの録画すらも出来ない。けれどもビクターが創ったモノである事は知っていた。加えて言うなればMDと言われるモノなんて一度も触れたことが無いままiPodやDVDの扱いにステップアップした。仕事に対しては全てが手書きで全てがアナログで、日頃の動き方から何もかもに至るまで昭和生まれ、携帯電波が届かない田舎生まれの性分が確実に染み付いている。挙げ句の果てにパソコンを買うという以前の資産力。吹けば吹き飛ぶ程度だ。お金があるからと言って嬉しそうに良い財布を買ってしまって入れるお金が無くなってしまうようなバカな真似もしたくない。でもパソコンが欲しい。欲しくて欲しくてたまらない。今もそうだが、欲しい、と思ったモノはスグにでも手に入れたくなる。そうでないと気が済まない。気が済まない気持ちが買いたい気持ちを上回る。そこで頭の中が複雑骨折するぐらいに考えた。考えて考えて考えて、そしてハッとした。

よしッ、とりあえず拾いに行ってみよう!!

落ちてるかもしれない。、という期待を持って、山に落ちてるのか海に落ちてるのか、その辺りをウロウロしまくった。ドコに落ちているものだろうか!?、とりあえず放り投げているゴミのようなモノでも良いのだ。とにかくパソコンと名のつくモノが必要だ。平成という時代は恐ろしいもので、比較的簡単に見付けるコトが出来た。信じられないかもしれないが実際には落ちていた。だからと言って、さすがに浜辺とか雑木林とかには落ちてはおらず、たまたま大ゴミの日に粗大ゴミの山々を嗅ぎ回っていたら見付けたのだ。よく考えるともう10年以上も前の話である。今考えるとアナログ過ぎる自分に笑えてしまうが、このキッカケは当初、想像していた以上に大きな力を宿してくれた。今や無くてはならない経験だ。ボッコボコに壊れたパソコンを目の前にしてご挨拶。そして車に常備していた車積工具を片手にフタを開けて1つ1つの部品をバラバラにした。今までに見た事も無いような部品ばかり。とてつもなく不思議な気持ちで紙と鉛筆とガムテを利用して設計図を書きながら分解した。これはまた後で組み立てるようにするためだ。丁寧に水洗いをして徹底的に干した。

ケースはアルミかプラスチックか、そんな不思議なモノだ。最初の印象は思ったよりも殺風景な感じ。バラバラにしたものの何が何だか分からないし誰に何を聞いて良いのかも途方に暮れて、とりあえずパソコン屋さんらしいと思うところを片っ端から攻めた。もちろん大手量販店も攻めた。とにかく電気のついているパソコンのありそうなところまで全てハシゴした。ボッコボコでバッラバラとなったパソコンらしい残骸をローソンのナイロン袋で持ち込んでくるのだから、そんなん持って来きてもらっても困る、というような表情を浮かべられながら持ち込んでは話を聞きまくった。そりゃぁ〜そうだ。ボッコボコでバッラバラのうえにボッロボロの容姿なのだから気持ちは分かる。作業着のまんまだった。間違いなく印象は良く無かったはずだが、典型的のB型の性分は健在だったようで気にも留めていなかった。そんなコトよりも目の前にある問題を解決したくて、解決したくて仕方が無かったので少しはスッキリ。これでもかぁ〜〜〜!!!、というぐらいに足を動かしたので結構、良い感じで理解出来てきた。さらに言うと動き回る途中、某ショップさんからセットアップの方法が書いてある簡単な冊子も頂いたのでラッキーだった。当時の私にとってはとてつもなく有り難かった。なんせセットアップという事すら知らなかったからだ。組み立ててボタンを押したら使えるぐらいにしか理解していなかった。棚から牡丹餅、というのはきっとこの事を言うんだろう。当初抱いていた1つ1つの問題を解決すべく1つ1つの部品の名前と用途と役割と繋がりを覚えることにした。記憶力は幸いにして20代前半の極みが功を奏した。

CPU、ハードディスク、メモリー、マザーボード、リモート、ピン、、、そうなんや!?、知らん事ばかりだが考えてみるとガンダムのプラモデルを組み立てるよりも単純なようだ。自分でも出来る、と軽はずみに思ってメモっといた紙とガムてを参考に元通り組み立ててみた。そして電源を入れてみると、どうだろう!?、電源が入るではないか!?、正直驚いた。まだまだ使えるやん、と思ったのも束の間。電源が入るにも関わらず、しばらくしてからプゥーーーーーーーーーーーッと言う雄叫び。驚いて即行、コンセントを抜いた。壊れていたのだ。やはりゴミはゴミなのか!?、再び途方に暮れた。暮れた。暮れた。くれた?!、そうだ!!!あのショップさんのところで相談してみようと考えた瞬間、パソコンを片手に再び訪れていた。もちろん閉店間際の間一髪状況。もうスグ仕事が終わる寸前だと言うのに一様の技術的なチェックを行ってくれただけでなく、アレやコレやと教えてもらった。時計は既に閉店から1時間も2時間も経過していたにも関わらず、とっても多くの知識を教授してもらった。ショップさんの心意気、そしてお力には感謝感激。言葉にはならない言葉で、、、

『○○さん!!僕は今ぜんぜんお金が無いんです。お礼も何も出来ない自分自身が情けなくて・・・ゴミみたいな人間がゴミを持ち込んで・・・迷惑しか掛けてません・・・時間も奪ってます・・・本当にごめんなさい・・・でも本当に本当に本当にアリガトウございます・・・』

気が付くと手や足が震えて目からは自然と涙が溢れていた。心の底から感謝していたのだ。ショップさんいわく、完全に目が据わっていたからネッ(笑)、という事だったが間違いなく良い意味でそれだけでは無かったように思う。そして結論が出た。 一先ず壊れたハードディスクと2枚あるウチの壊れたメモリー1枚を交換すれば復活するらしいので早速、部品を交換してもらうコトにした。実に奇跡的に近い状態でそれ以外は幸いにして無事だった。使えそうな中古のメモリーと個人情報を削除した中途半端に使えるハードディスクを財布の中身全部と交換した。確か3000円ぐらいだったはずだ。財布は空っぽになったけれど何だか心が満腹になり、久し振りに人の優しさに触れることが出来た。<つづく>

2011年末2012年始

2011・12/28オサめる

2011・12/29オヤスミ

2011・12/30オヤスミ

2011・12/31オヤスミ

2012・01/01オヤスミ

2012・01/02オヤスミ

2012・01/03オヤスミ

2012・01/04ハジめる

トツゲキ人生「初戦」

けれども当初お話した担当の方ではなかった。何度ぐらいタライ回しを味わえば良いんだ!?、だからと言って贅沢は言えない。ここで引き下がってなるものか!!、とは言っても少し安心した。担当の方が決まったのでこれから広告掲載のお話を進ませていく、という内容を伝える為のご挨拶の電話だった。要するに担当者が決定したという連絡。それでもこの電話の機会を活かすべく、前もって準備しておいた質問シートを電話越しで打つけた。かなり迷惑そうだったが、そんなコトはどうでも良い。必要な情報を手に入れなければ意味がないからだ。ここで電話を切ったら次に繋がらない。電話を切りたそうにしていたのは明白。けれども一様に答えを得られるまで繋ぎ留めた。恐らく1時間近くは喋っていただろう。

いろいろ見えてきた。NTTタウンページの広告料金というモノは、地域や大きさやカラーによって樹形図的に散らばっている、というコト。掲載内容が決まったら事前審査を経て許可がでないと掲載出来ない、というコト。言葉のキャッチボールで原稿が出来上っていく、というコト。そして担当者も売り上げを伸ばそうとして揺さぶってくる、というコト。 そんなアレコレ情報をリサーチして2月の段階ではこれらを吟味することにした。次は4月か5月のゴールデンウォーク辺りに連絡する、という大雑把な感じ。否めない感情は確実に残るが私情を挟んでも生産性は無い。どうせ大した広告なんて掲載出来ないんだから何をムキになってるの!?、みたいなコトを電話越しでヒシヒシと感じた。社会というものは自分が思っているよりも甘くはないものだ。

まずはどんな広告にするのか、を考えるべく当時にまだ縁の切れていなかったお客様が在籍する派遣会社掲載のタウンページ広告をチラッと確認した。大凡ではあったものの電話越しのヤリトリで広告料金を覚えていた。そして見てビックリ!!、料金の掛けっぷり具合に圧倒された。次に他の業者さんのモノも確認した。目が・・・になり生唾を飲んだ。そんなに予算は掛けれない、というよりもむしろ存在しない。どうしたものか!???、頭を使って時間も使った。とりあえず資金以外の何もかもを使うしかなかった。そこで一ケ月程度を要したが、ある一定の共通点を見出すことが出来たのだ。色を使わずに広告が大きい、料金を出しているところが少ない、みんな同じ感じで字が小さくて見難い、というものだ。あんまりスマートな感じには見えない。これにはもの凄く違和感を覚えた。費用と内容にギャップが有り過ぎるにも関わらず、広告の大きさが違うだけで、みんな同じようなモノばかり。ナゼだ!?、ナゼだ!?、ナゼだ!?、、、そのナゼを解明するのにそんなに時間を要さなかった。節約作戦も功を奏して息はカツカツ。待ちに待った約束通りのゴールデンウィーク前に連絡があり、いろいろ話をしている最中にハッとした。

NTTタウンページは正に広告戦略のプロ。確かにそうだ。間違いない。けれども、やはり話をしていても何となく???が残るのも間違いない。気のせい、であると信じたい。とは言っても気になって気になって仕方がない。電話で話していてスグに分かったのが、広くて浅くてベクトルが違う、という印象だ。ましてや教育業であるという観点と広告掲載であるという観点を結び付ける戦略的な効果が感じられない。それぞれの内容が独立しているのは一目瞭然。接着剤的な役割が見当たらない。業種別に戦略が異なっていても良さそうなものだが、特にそんなコトも無いようだ。恐らく担当者によって経験や知識が大きく異なるのだろう。当初、スペシャリストであるがゆえ期待をして全部お任せする方が良い、という錯覚に陥っていたがそれは大きな間違いだと電話中、瞬時に気が付いた。

浅く広くではダメ。狭くても良いから深く濃くでないと来年に繋がらない。つまり、ギュッとやって様子を見て反省を生む手法が必要だ。そうでないと永続的に集客を見込める広告掲載には繋げられない。戦略的に考えないで手を拱いているからこそ、掲載スペースを大きくしなくちゃいけない、という衝動に駆り立てられているのだ。大きければ見る!?、そんなコトはないだろう。そこにあれば見るもんだ!?、大きさ如何で見る見ないの設問に対して、見ない、を選択する者はいない。当たり前のことだ。大きかろうと小さかろうと、そこに存在し中身に魅力的な要素が含まれているのであらば立ち止まる。

よしッ、イケる!!

反省→改善→効果、へと繋げる為に3年。・・・→研磨→節約→安定、へと繋げる為にさらに3年。うん!?何だか良いじゃん、ってな具合を想像するには大凡6年程度の月日を要する。もちろん時間が掛かり過ぎているのは百も承知。けれども誰にも責任を押し付けることもなく、失敗しても成功しても野垂れ死んでも自分一人で済む。この期間に自分も想像もしなかったようなチャンスが起きるかもしれないし、いろんなアイデアも芽生えるだろう。自分の仕組んだ取り組みに従って、自分が尽力を果たせば必ず報われるはずだ。わッ!?アカン、って思えば舵を切り替えることは出来るだろう。人間というものは自分の思っている程以上に結構、都合良く出来ている。とは言っても資金が薄っぺらい。体を酷使してでも成し遂げようとしている人間が、よくも、まぁ〜〜〜ッ、こんな偉そうなことをペラペラと言えるものだと笑ってしまう。B型という血液型でなければ、こうは言えなかっただろう。固まった3つのイデオロギーを挙げると次の通りだ。色を入れて小さいサイズ、料金を大々的に公開する、日頃培ってきた情熱を言葉に入れる、というシンプルなもの。

ワクワクしながら1、2ケ月を待った4月下旬。再びNTTタウンページ担当者から連絡があった。畳み掛けるような話し方で電話一本の数分程度でパパッと決まっていった。前回、前々回の電話越しが尾を引いているようだ。まぁ〜これもご愛嬌だろう。嫌われるのは慣れているので、こちらサイドはまったくもって問題ない。掲載エリアは兵庫県中播磨版のたった1つ。スタイルはホワイトノックアウト1/8サイズ。料金は月額2万円程度。恥ずかしいことにコレが何ともキツかった。後日、担当者から正式な契約書が送られてきた。もちろん即時捺印、即時返送してハイ!!完了。昨年のドタバタ劇から考えると早いもので既に半年が過ぎていた。いよいよ9月10月の掲載アップを期待するだけとなり意気揚々。NTT大作戦も一段落して自然と共に人並み程度に安全に生きていくことが出来ている。せっかく創った手書きチラシを印刷屋さんに出して新聞折込を再びする意味も資金も見出せないまま数ヶ月を過ごすのはもったいない。時間だけは、とにかく結構たくさんあった。

よしッ、次はパソコンを勉強してみよう!!<つづく>

トツゲキ人生「機転」

仕事以外の膨大な時間と少なくなったチラシだけがあった。仕事の時間よりも空いている時間の方が多かったので子供の手前、朝から家を出ては歩く歩く歩くだけをやっていた。とりあえず少ないチラシを片手に周囲を見渡しながらダラダラと夜遅くまで配っていた。全てのチラシのポストインも終えて。いよいよ途方も暮れて公園のベンチに座ってボーーーッしていた時のことだった。ポストインを終えた最後の家の門扉あたりに分厚い本のようなモノがあることに気が付いた。

「あれ何や!?、あぁ〜タウンページかぁ〜!???、あんな門扉のところに置いてんねんなぁ〜〜〜ッ!?・・・・・・・・タウンページ!?、アッそうか☆」

寝転んでいたのですが気が付いた時には即行、飛び起きてました。時期も時期だったようで電話帳の入れ替えだった。気が付いた時には既に夕方を過ぎて夜遅くにもなっていたので帰宅して早寝早起き。タウンページに広告を出す、ということを思いついて朝早く早々にNTTタウンページへ問い合わせた。けれども話がグルグル回るだけで、お目当ての内容が掴めない。ビジネス社会慣れ、社会人慣れをしていなかったのがバレバレだったようだ。A→B→C→D→A・・・というような流れのタライ回し。普通ならば憤り満々。けれどもそんなコト言うてられない。自分が欲しい情報を得る為に至るところから至る角度で発信していく。怒濤のように発信していく。手に入るまでは決して諦めない。相手がNTTだろうと何だろうと欲しい情報は欲しいのだ。追い込み過ぎたのか、どうかは不明だが挙げ句の果てに先方からは「その担当者は今日辞めた。」という始末。そこまでして話がしたくないのか!?、、、

それでも絶対に諦めなかった。そんなヤリトリを3、4日程しまくって、ようやく話を聞いてくれた。ただ怒濤のような勢いもありギクシャク極まりなかったが、欲しい情報は得られた。9月から10月に掛けての時期は、古いタウンページと新しいタウンページの入れ替え時期なようで、来年度申込は翌年1月ないしは2月ぐらいになるらしい。とりあえず連絡を入れてくれるようなので、思いっきり期待して数ヶ月を凌ぐことにした。けれども、よくよく考えた。申込が1月ないしは2月で入れ替えが9月10月ってことは、1年も待たなければならない、というコトだ。10月も初旬ともなると残された時間は、後5ケ月をきっている。持ち直さなくてはならん。チラシに与えられる資金なんて皆無。広告が出来ないにも関わらず空白のタイムラグを乗り越えないといけない、と考えると背筋の凍る思いだ。

どう凌ぐ!?、自分自身に何がある!?、何が出来る!?、とことん考えた。まずは売れるモンを全部、売ることにした。車だろうと服だろうと本だろうと、何だろうと売りまくった。最低限、仕事の出来る身辺だけは整えて後は全て売りまくった。とことんだ。車に至ってはバラバラにしてから売った。車を触る趣味もあったのが幸いした。これで数ヶ月程度も寿命は伸びた。そして次に考えて行動に徹したのが、気持ちが折れそうな程の恥も外聞もない徹底的な節約だ。自分自身の24時間を考えた。睡眠時間を削って日々、疲れを残すような状態にした。体力を節約するコトを考えたためだ。さらに1日2食に徹して、朝ご飯には砂糖や塩を入れただけの水で過ごした。昼ご飯に至っては、ほぼ食べなかった。移動中、喉が渇けば公園の水を飲んだり、頭にパワーが無くなればチョコレートを刻んで食っていた。時折、お客様から頂ける御心遣いには感謝感激を覚えたものです。本当に涙が出る程に、手が震える程の気持ちでした。夕方夜になって腹が減れば頃合いを見ながらコンビニの廃棄弁当をもらっていた。来るべき日のことを考えると恥も外聞もあったものではない。指を指されても冷ややかな目で見られても、とにかく耐えた。例え1食でも私1人分の食い扶持で大きな節約に繋げられるのならば良いという思いだ。もちろんのコトだが妻や子供だけには、そんな思いを決してさせてはいない。さすがに過酷過ぎるからだ。これは私の範疇で行うべきだ。 頭と体が悲鳴をあげそうになりながら時が経つのも早いもので雪が散らつく2月下旬。とうとうNTTから連絡があった。ついにやって来た。<つづく>

感謝感激感無量ですッm( _ _ )m

御年は大変お世話になりましたm( _ _ )m年末のバタバタ時期にも関わらず、お心遣い頂きまして誠に恐れ入ります!!!本日は年内最後の授業でしたがいつも通り徹底した対応で終了させて頂きました。来年度には新しい環境がいよいよやってまいりますので、気持ち新たに臨んで参る所存です。

お姉様はいよいよ中学生。9月より随時、戦略を進めさせて頂いております。年内におきましては正負の計算を一様に整えました。ただAクラスという次元を中学生の次元として捉えさせておりますの多少、錯覚を起こしている節があるはずです。入学まで魔法が解けないコトを祈っております。その時にまたどんな反応を示すかが楽しみです。英語におきましてはcanの文まで整えておりますので、冬シーズンを活用して出来る限りの復習に備えて頂ければと考えております。とは言ってもこの冬の最優先はやはり、ご家族ご親戚皆様方との思い出作り、だと思っておりますのでご安心下さい。

妹様は小さいながらも大きな変化がありました。毎回の毎回の授業で、図を書かなアカン、式を書かなアカン、何にも書かないのはアカン、というように強く注意してきました。加えて、先週やってきた宿題の取り組み以上に今週は取り組んでくるコト、という約束をした通りに、今週はシッカリと約束を果たしてきておりました。もちろん体調不良を加味したうえでのお話です。極限的に重たい空気で質問と注意を促した折、いつもならば口答えをして自分の正当性を押し出し黙って涙を流すコトで済ましていたにも関わらず、本日は姿勢が違っていました。ちゃんと説明を果たしたうえで反省し、素直に謝る、という姿勢がありました。感動しました。ただ字の安定感だけは疑問がありますので今後も注意の手は緩めません。