【学力アップ合格体験記】原稿

【学力アップ合格体験記】

100点とったり,笑ったり感動したり

『あ!,ココにお願いしよッ!』『ココはこんな感じなんだなぁ〜ッ?!』『もうココしかないかもッ?!』・・・きっと感じて頂けるはずです。いっぱい笑って,時には感謝感激に涙して,希望への道を一歩一歩切り拓くその姿に,子育ての醍醐味を実感して頂けるでしょう。必ずや大きな人間に成長します。

挑戦する,反省する,克服する,を繰り返し続けることが大切です。早ければその日の内に,過去の自分,いつもの自分とは違った『未来の自分』に出会えます。学力アップの結果として,試験の点数や成績そして順位等に,必ずや現れるでしょう。その末,掴んだ合格は本当の意味合いでのご褒美となります。

http://www.jyukenjyuku.jp/blog/?cat=52

数学3できる???

和田「数学3の不定積分を今からやっていくんやけど,三角関数の加法定理や和積と積和の公式とか指数計算や対数の変換,って大丈夫やんなぁ〜ッ?!,一応,私が対応する前の課程やから聞くんやけどぉ〜ッ?!」

K君「え?!,そんなん無理ですよ。全く記憶にないですもん。」

和田「加法定理ぐらい分かるやろ?!,指数や対数の計算は?」

K君「え?!,何ですか?!それ。」

和田「マジで?!」

K君「マジですよ!,加法定理?!,対数計算?!,何か聞いたことの無い言葉です。」

和田「ホンマに言うてんのん?」

K君「ホンマですよ。倍角とか半角とか,積,積,積和ですか?!,聞いたことないです。指数対数の計算もした記憶ないですもん。・・・って言うか,三角関数も指数対数も,何か全部分からないです!」

和田「そうなんや?!,ほんなら『できる人間』にしたったらええワケやんねぇ〜〜〜ッ?!,テストはいつ???」

K君「再来週です。」

和田「マジか(笑)?!,気合い入れまくりヤァ〜〜〜ん!!,ほな頑張ろかッ!!!」

・・・・・二週間後・・・・・

(指数)数学ⅡBの4step No.322からNo.345まで
(対数)数学ⅡBの4step No.349からNo.360まで
(三角関数)数学ⅡBの4step No.264からNo.312まで
(微分)数学Ⅲの4step No.253からNo.356まで
(微分)数学Ⅲの教科書の問題全部
(不定積分)数学Ⅲの4step No.368からNo.394まで
(不定積分)数学Ⅲの教科書の問題全部

和田「よし!,これで終わったわ!,ご苦労さん!,今の気持ちはどう?」

K君「いやぁ〜〜〜やっと終わったんですね〜〜〜!!!」

和田「達成感あるよねぇ〜〜〜ッ!?」

K君「本当にそうなんです。何て言うか,頭がフワフワしてるんです!!」

和田「これが『充足感』って言うねん。充実と満足を感じるやろ?!」

K君「分かります!,こういうコトなんですねぇ〜〜〜ッ!」

和田「せやねん。それを感じたなら,ホンモノやで。」

K君「『できる人間』って,いつもこんな感覚を感じてるんですねぇ〜?!」

和田「せやで!,今感じてるんやったらK君も『できる人間』になったんちゃう?!」

K君「そうだったら良いんですが・・・。油断しないでこれからも頑張ります(笑)」

和田「その調子やわ!!,ほんなら一緒に頑張っていこッ!!」

IMG_0025

センター試験で90%を確保する基本訓練

①教科書(要約)

②要約(暗記)

③確認(作業)

④なおし(要約)

⑤なおし要約(暗記)

⑥再確認(作業)

90%以上 → 仕上がりオメデトウ!!

90%未満 →②からヤリ直し

IMG_7036

和田成博の日常スケジュール

04:30 - 08:45 就寝中(255分)

08:45 - 09:15 起床して寝床で直ぐ仕事(30分)

09:15 - 11:00 再び就寝(105分)

11:00 - 11:15 そして起床し身支度&朝食(15分)

11:15 - 12:15 本格的に仕事(60分)

12:15 - 13:30 昼食後にジム筋トレ(75分)

13:30 - 15:00 昼からの仕事(90分)

15:00 - 20:45 夕方夜にかけて仕事(345分)

20:45 - 21:00 一発目の夕食(15分)

21:00 - 24:00 夜から深夜にかけて仕事(180分)

00:00 - 02:00 深夜の仕事(120分)

02:00 - 03:00 二発目の夕食後にお風呂(60分)

03:00 - 04:30 朝まで仕事してから就寝(90分)

weekday

基本的な学力を身に付ける方法「見直し」

まずは何も見ないで問題を解いて,その後スグに答え合わせをする。

もし万一間違っていても,答えを書き加える,ということをしない。

問題番号にバツマークを付け,反省点や新しい発見等を見付け出す。

自分の立てた答案を,何がいけないのか?!,と思いながら見返す。

一様に見返すことが出来れば再び解き直し,正解するまで繰り返す。

3日程正解しなければ,手元にある手掛かりを頼りに直向きに挑戦。

それでも正解しなければ,解説に手を伸ばし熟読し,考えを深める。

新しい考えを身に付けることが出来れば,時間を置かずに実践する。

答えを写す,という諸行は回答放棄なので決して行ってはいけない。

hudebako

中学1年生の今時に学ぶ幾何の助かる考え方

【円柱】

(1) 表面積 = 側面積 + 底面積

S = 2πr + 2πr二乗

S = 2πr(h+r)

(2)体積

V = 底面積 × 高さ

V = πr二乗 × h

V = πr二乗h

【円錐】

(1)表面積 = 側面積 + 底面積

S = πLr + πr二乗

S = πr(L+r)

(2)体積 = 底面積 × 高さ × 1/3

V = πr二乗h/3

(3)側面の中心角の求め方

θ/360=r/L

不思議な宇宙人の物言い

α取り出してα入れて,2α取り出して2α入れて,,,」「α取り出してα入れて,2α取り出して3α入れて,,,」といった問題の立て付けに悩める受講生の為,束の間程度で使える整式を突発的に作ってみました。あくまでも単なる要領なので,あまり意味のあるものではないが・・・汗。とにかく微妙なラインで整式を整えて欲しがる不思議な宇宙人の物言いに乗っかってみました。久し振りにとりあえずな感じですッ!!!

(最初の質量)=し1,(最初の濃度)=の1

(最後の質量)=し2,(最後の濃度)=の2

の1 × ( し1 - α ) ×( し1 - 2α) = し1 × し2 × の2